人気ブログランキング |
ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

関西弁翻訳

今日のミュージックステーション(何年振りかに観た)を観ながら妹に聞いた。
私「サザンって解散したんよな~?」
妹「えっ、今日出演してるでぇ~。」
私「あ、そうなん!?まだなんや。」
妹「ごめん、それ、TUBEやった。」
姉妹「・・・・・・・。」

でも妹よ、何だかわかる気がするぞよ(爆)。

それはそうと、青木テルマってハーフなんですか?
久し振りに歌上手いなぁ~って思った人なので。
妹曰く、英語ペラペラやで、と。
はは~ん、だからか、リズムが流れているし、声の統一感や響きがいいんだな。

英語を日常で話していると、日本語だけを話している時と口や顔の筋肉の動きが違ってくるのです。
また違わないと上手く発音できないのです。
なので、彼女の歌を何の前知識もなく聴いて、英語圏の人のイントネーションだな、と。
言語は奥深いですよ~~。

そういいつつも、未だ永久帰国したものの毎日発言している単語があります。
”Oops!”あ~らま)とか、(あちゃっ)みたいな意味合いで。
一昨日も梅田のコンビニ入り口で段を知らずに転げそうになって、大きな声でこれを言っていた女は私です(笑)。

あと、ごくたまに口に出てしまうのですが
”Oh, shit!” (勘弁してくれよ~)ってな感じで。
すいません、あまり綺麗な英語ではありません、あしからず。。。
でも昨日これ言った後(理由は言いませんが・・)、「おいしっ!」(美味しいの短縮版)
と一緒な発音やなぁ~と。

前も日記に書いたけど、フランス行ってこれを言うと絶対大丈夫という、フランス人の友人お墨付きのセンテンスを伝授。
「こら おっさん。」これでアナタもクロワッサンが買えます!おめでと~~。


アホ会話は置いておき、昨日は帰国時に乗り継ぎのデトロイト空港で買った The Economist というマガジンに書いてあった1箇所に目が止まった。

世界的な音楽の流通&販売業界について。
アメリカやヨーロッパではもはやCDを買わなくなっていて、ダウンロードにシフトしていっている、とNYでは普通によく話を聞いたし、ペーパーにも書かれていた。
実に悲しいけど、現実そんな話。
でも本当に好きなアーティストのだと、ダウンロードしても手元に本物を置いておきたいはず!っと確かに私もダウンロードはよくするけど、そう思うし、信じたい!
みなさん、CD、買ってね~!
宣伝はさておき、(笑)その記事を書くと↓のもの。
Global music sales took another tumble last year according to the IFPI, which represents the recording industry. A 34% increase in music sold online did little to compensate for the 13% drop in sales of CDs and music DVDs, which account for the bulk of the market. A report from Price waterhouse Coopers forecast that spending on all forms of recorded music will continue to decline as youngsters turn to other outlets.

これを、Infoseek.co.jpの翻訳ページに行くと、関西弁での翻訳箇所があるのだ!
これは超ウケルので、是非おすそわけ。
面白い翻訳あったら、教えてね~~。

”世界的な音楽セールスはIFPIによって昨年もう一つの宙返りをしたんやちうわけや。ほんで、それはレコード産業を意味しまんねん。オンラインで売られる音楽の34%の増加はCDと音楽DVDの売上高の13%の低下を補償するねんためになあんもしなかったや。ほんで、それは市場の大半を占めまんねん。Price waterhouse Coopersからのレポートは、若者が他のアウトレットに振り向いて、録音された音楽のすべての形の出費が続落するねんと予測したんやちうわけや。”

・・・・、ホンマに関西弁になってるし!!
サイコー!
by kaorumusic | 2008-07-11 23:01
<< アメリカ大手サイトでCD発売開始! ドリカム  >>