ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

3.21 Royal Horse ありがとう

b0148714_00412404.jpg

3.21.2017 Royal Horse
Jesse Forest Group feat. Kaoru Azuma
Thanks!

ロイヤルホースに沢山お越し頂き、どうも有難うございました!
個人的には、ドリカムのジャズアレンジが一番緊張しました(^_^;) 
昔一緒にカラオケに行っていた学生時代の友人達も来てくれて、懐かしくって嬉しかったです(*^^*)
しかし、いい楽曲に、いいアレンジに、いいバンドで、スカッといい終演となりました。

次回のJesseでのバンドでは、5/3 高槻ジャズストリート@桃園小学校グラウンド FM cocolo ステージです!
[PR]
# by kaorumusic | 2017-03-27 00:38

3.10 神戸Always ありがとう

blogが滞っておりました(-_-;)
最近はFacebookの公式ページの方や、twitterやinstagramにアップすることが多くなっていました。
最近のライブの報告を兼ねて、連続で投稿していきますね。
では、3/10に遡って、、、


3.10.2017 Always, Kobe
The Global Jazz Orchestra with Kaoru Azuma and Chie Kobashi on vocal

ありがとうございました!
気合いのいるコンテンポラリー曲ばかりだったので、ついにヒール靴を脱いで裸足で歌いました(笑)。地に足が着いて歌いやすかったですw

The Global Jazz Orchestra

Vocal : 東かおる、小橋知枝
The Global Jazz Orchestra
sax : 横山未希、小原加奈梨、古谷光広、曽我部泰紀、古山晶子
tp: 岩田英司、岩本敦、松本さくら、野々村明
tb: 大島一郎、太田健介、白石栄利、佐竹寛美
p : 小林沙桜里、枡田咲子 g : Jesse Forest b : 小玉勇気 dr : 市橋隆


b0148714_00354218.jpg
b0148714_00354487.jpg

[PR]
# by kaorumusic | 2017-03-27 00:29

西山田地区公民館の講座ありがとう

b0148714_22002471.jpg

Jazz History Lecture with Jazz Live is finished!

ニューオリンズから現代はフュージョンまで細分化されたジャズの歴史とジャズライブ『聴いて学ぶジャズの歴史』、二時間みっちりの内容でした(各時代のレクチャー後、その時代の有名曲を演奏したんですが、モード時代に選んだWayne Shorter のFootprints、久々に歌ってツボでした♪ 私は特にウエストコーストジャズが好きです。)。

しかしドラムの市橋隆さんの作成された資料も素晴らしければレクチャーの素晴らしいの何の!
ご来場の皆様も聞き入っておられました。
ギターのJesseとも言っていたんですが、大学のジャズヒストリーの授業みたいだね、と。
まさに、学びの場でした。

しかし今日はうっかりCDを忘れてしまって、大失態。。それなのに、ご予約までして頂いた方もいらっしゃり、恐縮ですm(__)m
お越しいただいた沢山の皆様、主催・スタッフの皆様、市橋さん、どうも有難うございました!

[PR]
# by kaorumusic | 2017-03-05 21:55

March Shedule/ 3月スケジュール

【March Schedule/ 3月ライブスケジュール】
So excited to sing for all those different themes!
何とも面白い企画の演奏が揃っております!今月全てのライブで、全部違う曲を歌います!お待ちしておりますね。


■3/5 Sun(昼) 大阪・吹田 西山田地区公民館
『聴いて学ぶジャズの歴史』
"ジャズの起源ニューオリンズからコンテンポラリージャズまで解説と演奏を交えての生涯学習"
【講師・演奏】市橋隆(Dr), 東かおる(Vo), Jesse Forest(Gt)
2:00pm~4:00pm 無料
http://nishiyamadacc.client.jp/guide/1703jnaiyo.htm


■3/10 Fri 神戸・六甲 Always
b0148714_135527100.jpg

『The Global Jazz Orchestra with 小橋知枝(Vo) & 東かおる(Vo)』
”私の声にと書き下ろして下さった、日米で活躍する作曲家のビッグバンド用オリジナル作品を歌います。小橋さんはジャズスタンダードを華麗に歌われます”
7:00pm~ 2 sets
Music charge¥3000(予約)/ ¥2000(学生)
http://always-kobe.net/


■3/21 Tue 大阪・梅田 Royal Horse
b0148714_1356346.jpg

『Jesse Forest Group feat. 東かおる』
"ジェシのカッコいいオリジナルや、ジャズスタンダード・バンドアレンジ等を勢いのある若手メンバーで"
Jesse Forest (Gt), 広瀬 未来 (Tp), 當村 邦明 (Sax), 萬恭隆(Bs), 中野圭人(Dr), 東 かおる (vocal)
open 5:30pm 1st 7:00pm, 2nd 9:00pm
Music charge¥3000(S席) ¥2500(A席) ¥1500(バーカウンター)
http://www.royal-horse.jp/index.html


■3/26 Sun(昼) 神戸・岡本  Born Free
b0148714_1356236.jpg

『対バン・スペシャル企画 duo + duo』
”クリエイティブ・ジャズシーンで活動する演奏家によるデュオ対デュオ”
・牧知恵子(Pf) & 山内詩子(Vo)
・浜村昌子(Pf) & 東かおる(Vo)
3:00pm~2 sets
Music charge¥2300


Please visit Kaoru's Web for more infomation... 4月以降は東かおるwebをご覧下さい。
kaorumusic.com/
[PR]
# by kaorumusic | 2017-03-01 13:56 | Live schedule

ジャズオントップありがとう

『Jazz vocal night at Jazz On Top with 中山 瞳(pf)』にお越し下さったみなさん、有難うございました!
3度目の共演となる中山さん、さらにcoolさと美しさが増していて、楽しく歌わせて頂きました。
お客さんと一緒に写真撮ったり、撮られたり、で自分で撮った気満々のアフターでした(なので特に写真なし!)。
次回のJazz On Topは、4/29 Phillip Strange氏と、です。

さて
2月も過ぎた訳ですが、今だから言います。
「1月2月、風邪やインフル移らんかと、ガードしまくって疲れたーーーー!」
実は、娘も常に風邪菌は幼稚園から貰ってくるわ、おまけにインフルになったり、、と看病する方も大変でしたが、私は今のところ風邪菌等には侵されることなく約2年来ております!
ふぅー、毎日、目に見えぬ物と闘っておるわけです。
勿論、声を使う仕事をしているので、気は遣っていますが、特にこの2ヶ月で1年分の闘いを終えたかの位、疲れています。。。
この労力はハッキリ言って無駄です。

そんなこんなで春は近付いていますね。
花粉も、ですがね。。。

色々待ち遠しいです(*´∀`)
[PR]
# by kaorumusic | 2017-03-01 01:50

クレオールありがとう

b0148714_10480348.jpg
Photo by Mr. N

2.26.2017 @Creole, Kobe
I sang lots of originals with Hitomi Nishiyama, a pianist and composer who's been collaborating many years(I usually write English lyrics on her compositions.) We might perform in Tokyo this year.

昨日のクレオールへお越し下さったみなさん、有難うございました!
西山瞳ちゃんのピアノが響き渡り、新旧含め、ほぼオリジナル作品による昼下りライブでした。
b0148714_10480856.jpg
reported by Jazz Up Japan

Travels 2作目、楽しみにして頂いている方も多いなか、そう遠くない将来、録音出来ればなぁ~。
次回の西山瞳ちゃんとの演奏は、夏以降の東京になる予定です。

『余談』
リハーサルでカルロス・アギーレのMilonga Grisを速いテンポで歌ったら、舌が麻痺しちゃったんですが、本番はシラブルを変えて歌ってみたら何とか動いてホッ。

新曲の1曲で書いた歌詞に合わせてこの日の衣装を決めました。テーマはフランス。
b0148714_10480725.jpg
Photo by Mr.N
[PR]
# by kaorumusic | 2017-02-27 10:46

私にとってライブをするということ

最近、twitter や インスタ への短い投稿ばかりで、ブログへ長文を書く事がなかったような。
今日は、なんだか文字に起こしてみようと思ったので、ちょいと。

ジャズシンガーの私にとって、
「”ライブをする”という事は、”仕事やお金”というよりも『東かおるとしての証なんです。』」ってレッスンで生徒さんとお話していた時、今日ふと口から出てきて、自分でも驚いた(笑)。

ジャズを歌い始めた20歳そこそこは、お話があったら全部引き受けてライブしてたし、歌仕事も選ばずやっていたし、今より随分ライブ本数も多くそれがステイタスだとも思っていた時代があった。
(そんな時期は、みんなにあるだろうし、必要だとも思う。)

だけど今は、尊敬する大好きなミュージシャンと『一緒に何かを創る事』、そしてそれを良いお店とリスナーのみなさんと共有出来ること、それが何よりも幸せで大切で、私にとって”ライブは仕事”って意識が殆どない(笑)。ステージ回数をこなして幸せを感じる、ってことは今はもうない。
勿論、毎回沢山お客さんに来てもらって、色々とアタタカクなったらそりゃー嬉しいですが、毎回そういう訳ではないし、そういうもんだと思うし。強制もしたくない。

私にとっての”仕事”は現在は”コーチング”にある気がする。
ま、これは、自分が25歳でアメリカへ留学する時に将来をイメージした上で描いていた図なんだけど。

だけど、これには弊害もある。
毎回のライブに別々のコンセプトがあり、曲も違う。メンバーも違う。曲も「じゃ、これやっといてね!」と渡されることも多々(ま、もっぱら自分はMなので、実はこういう方が好きだったりw)
折角1曲を創り上げ、自主練やメンバーとリハを重ねたかたと思ったら、1年に1回歌うか歌わないか、って曲も沢山レパートリーに入っている。
そう実に効率が悪い(笑)。

なので、ジャズスタンダード・レパートリーの譜面を持ち歩いて歌いに行くライブ(も勿論好きだし続けて行くけれど)とは違い、1つのライブに準備時間の掛かることといったら何やら。
アウトプットばかりでインプットする時間が特に育児中の今は殆どないのが最大の悩みではあるけれど、代わりがない自分のポジションにたまに怯えたり震えながらも、そのリスクを取ったスリルを感じています(良い意味で)。
英語でいうと、 I'm thrilled.

生きていく為ではなく、1本1本のライブで生きていたい、というのが現在の気持ちかな。


・・そうは言いつつも、今年から仕事人としてライブをスタートするやも、です。自分一人でその場に立ちます。私、今年後半で40になるんですよ。ちょっと、”生き方”のベクトルも色々変えてみようかな、と。その為に、人に教えを乞わないと、です( ノ゚Д゚) ! あれ。
[PR]
# by kaorumusic | 2017-02-20 23:12 | Life