ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

関西弁翻訳

今日のミュージックステーション(何年振りかに観た)を観ながら妹に聞いた。
私「サザンって解散したんよな~?」
妹「えっ、今日出演してるでぇ~。」
私「あ、そうなん!?まだなんや。」
妹「ごめん、それ、TUBEやった。」
姉妹「・・・・・・・。」

でも妹よ、何だかわかる気がするぞよ(爆)。

それはそうと、青木テルマってハーフなんですか?
久し振りに歌上手いなぁ~って思った人なので。
妹曰く、英語ペラペラやで、と。
はは~ん、だからか、リズムが流れているし、声の統一感や響きがいいんだな。

英語を日常で話していると、日本語だけを話している時と口や顔の筋肉の動きが違ってくるのです。
また違わないと上手く発音できないのです。
なので、彼女の歌を何の前知識もなく聴いて、英語圏の人のイントネーションだな、と。
言語は奥深いですよ~~。

そういいつつも、未だ永久帰国したものの毎日発言している単語があります。
”Oops!”あ~らま)とか、(あちゃっ)みたいな意味合いで。
一昨日も梅田のコンビニ入り口で段を知らずに転げそうになって、大きな声でこれを言っていた女は私です(笑)。

あと、ごくたまに口に出てしまうのですが
”Oh, shit!” (勘弁してくれよ~)ってな感じで。
すいません、あまり綺麗な英語ではありません、あしからず。。。
でも昨日これ言った後(理由は言いませんが・・)、「おいしっ!」(美味しいの短縮版)
と一緒な発音やなぁ~と。

前も日記に書いたけど、フランス行ってこれを言うと絶対大丈夫という、フランス人の友人お墨付きのセンテンスを伝授。
「こら おっさん。」これでアナタもクロワッサンが買えます!おめでと~~。


アホ会話は置いておき、昨日は帰国時に乗り継ぎのデトロイト空港で買った The Economist というマガジンに書いてあった1箇所に目が止まった。

世界的な音楽の流通&販売業界について。
アメリカやヨーロッパではもはやCDを買わなくなっていて、ダウンロードにシフトしていっている、とNYでは普通によく話を聞いたし、ペーパーにも書かれていた。
実に悲しいけど、現実そんな話。
でも本当に好きなアーティストのだと、ダウンロードしても手元に本物を置いておきたいはず!っと確かに私もダウンロードはよくするけど、そう思うし、信じたい!
みなさん、CD、買ってね~!
宣伝はさておき、(笑)その記事を書くと↓のもの。
Global music sales took another tumble last year according to the IFPI, which represents the recording industry. A 34% increase in music sold online did little to compensate for the 13% drop in sales of CDs and music DVDs, which account for the bulk of the market. A report from Price waterhouse Coopers forecast that spending on all forms of recorded music will continue to decline as youngsters turn to other outlets.

これを、Infoseek.co.jpの翻訳ページに行くと、関西弁での翻訳箇所があるのだ!
これは超ウケルので、是非おすそわけ。
面白い翻訳あったら、教えてね~~。

”世界的な音楽セールスはIFPIによって昨年もう一つの宙返りをしたんやちうわけや。ほんで、それはレコード産業を意味しまんねん。オンラインで売られる音楽の34%の増加はCDと音楽DVDの売上高の13%の低下を補償するねんためになあんもしなかったや。ほんで、それは市場の大半を占めまんねん。Price waterhouse Coopersからのレポートは、若者が他のアウトレットに振り向いて、録音された音楽のすべての形の出費が続落するねんと予測したんやちうわけや。”

・・・・、ホンマに関西弁になってるし!!
サイコー!
[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-11 23:01

ドリカム 

といっても、年下嫁さんをもらった中村さんの話じゃありませんよ(笑)。

昨日は、大阪のWalty堂島さんへ寄って担当の方と雑談をし、いつも行くと私のCDをプレイして下さるんですよ~。ちゃんとした大きなスピーカーの前には客さんが音楽聴きながら寛げるソファーがあって、お客さんとも雑談。みたいな。
いつもその担当の方から、あれなんですよ、「やぱり似てるねー。」と言われるんですよ。
声が、
   美和ちゃんに。
            そう、ドリカムの。。。
実はここ数年、よく言われるんですよ。
めっちゃ好きなヴォーカリストやし、嬉しいんですけど、いつもどう反応してよいのやら、さっぱり分かりません。
そういや、今回のCDでマスタリングをして下さった方は、昔ドリカムとも仕事したことあったらしく、彼女にも「美和ちゃんに似てるわ~。顔の骨格違うのにね。」
と何度も言われましたっけ。
これにまつわるご感想、苦情、お待ちしております(爆)。


その後は、ジャズの専門店ミムラさんに寄って、新アルバムと残りごく僅かな旧アルバム”The Water Is Wide” (2006年NY録音)をドロップしてきました。
おまけに、今度は写真をアップしてもらってます(笑)。

そうそう、今回のニューアルバム”Footprints in New York”、店頭に出る日や価格に少々差があります。
これは輸入版によるためです。
でも、全国の大手レコード店に出回るのは、リリース日の7月19日です。
そう、丁度ツアー初日です!
1週間後は九州だぁ~~!イエェ~イ!
で今回は私の大好きな温泉行ってる暇ないのが残念だけど、九州のみなさんの前で歌えるのがとっても楽しみです!!
NYからのメンバーのSeikai Ishizuka氏は既に東京でライブを済ませ、ドラムのAllanはNYから直で九州入りする予定。
私は・・夜行バスで参ります。。疲れませぬよう~~。。。

■7月19日(土) 福岡 Back Stage
福岡市中央区大名2-4-31 平子ビル1階
Tel: 092-712-2828
start 19:00~ (2 stage) / music charge \2500
Seikai Ishizuka (Pf) from N.Y.
Allan Mednard (Dr) from N.Y.
田中宏(Bs)
東かおる(Vo)


それはそうと、そのミムラさんに寄った後、今度30日にライブをする、大阪のMr. Kelly's西山瞳ちゃんのバンドParallaxライブを聴きに行ってきました。

楽しかったぁ~~♪

いや、さらに進化した彼女のサウンドコンセプト&バンドサウンドには、もう感心させられくり。
コンポーザーとしても素晴らしいアーティスト!
そんでもって、かなり、キャッチーなバンド!
帰国して初めて聴きに行ったライブ。
超ラッキーでしたV

私もその音の波に一緒に乗って高まっていきたいけど、私はヴォーカリスト。
はて、どうしたらインスト的に行けるのだろうか??とライブを聴きながらず~っと考えていた。
う~ん、ここは独りで考えどころだな。
それをクリアーにするには相当もっと色々聴きこんで練習してセッションしないといけないだろうなぁ~~。
何年掛かるか。
ほー、道は長い!


ひとまず、現在の課題は、今回のツアーメンバーであるピアニストのSeikai Ishizuka氏からのリクエスト曲、彼のアレンジした♪Stella by starlight と、キース・ジャレット作曲の2曲をどう自分で消化するか、なんですわ。
是非ライブで聴いてみてくださいね~~。
[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-10 23:05 | CD

最近のお気に入りCD

またまた大阪ネタを。
ミナミにある、”食いだおれ”が閉店に伴い、人形もなくなる?という話。
大阪では大きなニュース。いかにも、OSAKA!! ラブリー。
数年前に行った時、写真を撮ったもの↓ (笑)
b0148714_2344841.jpg


最近、めっきりヴォーカルもののCDを聴く頻度が減り、インストものの比率が多い。
まぁ、大学で散々インスト曲をやってたからね。殆どインプロだったもん歌うっていっても。無理もないか。。

NYを発つ前に友人がVillege vanguardにBrian Blade & The Fellowship bandを聴きに行って、「めちゃくちゃ良かった!」
って言っていたので(結局私は引越し前のドタバタで行けなかった)、先日久し振りにCDを購入してみた。
b0148714_23133078.jpg

感想・・
「めっちゃエエですよ!」
ギターのKurt Rosenwinkelもいい演奏してる!

それから、もう一つはNYで購入したもの。というか、本人から直々にゲット!
Mike Holober "Wish List"
b0148714_23144635.jpg

ベースは、大学でも教授をしていた、John Patitucci
そしてドラムに、こちらにもBrian Blade
あと、サックスとギターもある。
良いアレンジに、良いエナジー。
フローするサウンドがたまらなく良い。
私もいつか、もっともっといいアレンジ書きたいなぁ~。

ちなみに、Mike Holober氏、私の今回のCDのピアニストでもあります♪イエイ!!
彼はNYではコンテポラリー・ジャズピアニストとして、またアレンジャーとしてBMIの編作曲コースを教えてもいます。
またストックホルムのジャズオーケストラのアレンジャーとしても有名。

私の今回のCDでは、私が欲しかったサウンドを完璧にというか、それ以上に演奏してくれていて、とても都会的な演出をしてくれました。
こちらの方もお楽しみに!

おっ、そうそう、最後になりましたが、CDの全国有名店でのリリース日が決定しました!
7月19日です!!
勿論ライブ会場でも直接ご購入頂けます!サインもさせて頂きます!!
よろしくで~す!
b0148714_23235484.jpg

[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-08 23:26 | CD

Organic products from Vermont!

今日もじわぁ~~っと蒸し暑くって、辛かったですね~・・。
そう、今日は七夕。
そして大阪では省エネということで、道頓堀や大阪城や通天閣のライトがオフとなった。これでCO2が大分削減されたらしい。
素晴らしい試み。

しかし、日本の人達の丁寧さには頭上がりません。
以前アメリカの友人が来日した時、コンビニの店員さんのシステマティックな「いらっしゃいませ。」「ありがとうございました。」には少し驚いてはいたが、あの教育の行き届いた丁寧さには感心していた。

アメリカでは、みんな仕事は与えられたことしかしないので、こちらはいつ何時か問題があった時のために、普段からエネルギーを常備しつつ、少しoffensiveになる自分がいて、バランスをとるのが大変だった。

そうそう、省エネということで、ちょっと今日はオーガニックな話題を。
私はここ1年以上、肌の事や環境のことを考え、オーガニック製品を使用している。
シャンプーから歯磨き粉まで。
よくマンハッタンのWhole Foodsという大型オーガニックストアーに買いに行ったものだ。

また、日本人には、りんごと蜂蜜のバーモントカレーが知られていると思うが、そのバーモント州(アメリカ北部)に何度か足を運ぶ機会があり、夏と冬の両シーズンを体験してきた。
バーモント州は、緑が多く茂る州。
空港を降り立った瞬間、緑やメイプルの木や(メイプルシロップで有名なのはカナダだけではないのですよ!)、牛や馬の匂いが混じって、何とも芳しい甘~い香りがしたものだ。
そこに住んでいる人達は、自然と一体した生活をナチュラリーに送っていて、オーガニックな意識や食料品は普通に身の回りにあるという所。

その中で私がお気に入りなものは、ヴァーモント・ソープ!(写真左)
オーガニック100%で、オーガニックオイルエッセンスで香りも抜群!
帰国に向け、いくつか購入してきた。

それから、写真右にあるのは、ヴァーモント出身の友人が私の帰国前に餞別にと、わざわざ現地で買ってくれたソープ。
中に牛がいる。子供は中のフィギアを欲しさに手を洗うという、現地では知られたものらしい。
素敵。。
b0148714_2318557.jpg


もう一つは、現地で買って超お気に入りとなった、メイプルティー!
甘味無しでスイート!
この箱も可愛いでしょ?現在はアクセ入れに使用中。
ちなみに、私はコーヒーや料理にもメイプルシロップ使ってます。
身体にいいんですよ!
b0148714_23184656.jpg


それから・・・、今度のCDの私の一番のお気に入りは、
バックカバーのエコマーク
みなさん、購入後、是非観てね!!

そういや、レコーディングメンバーのギターリストMr. Jesse Forest とベーシストMr. Robinson Morese はそのヴァーモント州出身なのです!
[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-07 23:50

夏バテ or 時差ぼけ?

「時差ぼけは大丈夫?」
とこれからツアーを共にするNYからのピアニスト、Seikai Ishizuka氏と今日電話で話しした時にそう聞かれた。
今まで、NYに戻った時は最低1週間は時差ぼけを取るのに必要で、かなり苦しい思いをしていた。
が、日本に戻った時は意外とましなのだ。
それに何故か今回、全く無いと高をくくっていたのだが、はやり、ある、らしい。
今日聞かれてみて思った。

夜の12時頃、暑さの為に意識がモウロウとしているとばかり思っていたら、あれも時差ぼけだったのね~、きっと。
もっと自分の身体に pay attention してあげないとね。

しかし、ここ数日の暑さと日本特有の湿気で、今日はダウンしてしまった。
NYも暑かったし湿気もある時もあったけど、日本の湿気ほどじめぇ~っとしていない。
この湿気が日本人の肌や髪に艶を与えてくれていることは知っているが、これはNo way!!

帰国して1週間が経ったが、毎日ツアーのことやCDリリースのこと、引越し荷物受け取りや、その他諸々で動きまくっていた。
今日は一休み・一休み。。。

そんな中、部屋から見える夕焼けがすごく綺麗だったので、1ショットを。
あ、このかえるさんはNYから連れて帰って来たもの。
歌、歌ってるんですよ~、この方。
♪かえるの歌 って?
・・失礼しました。(笑)


b0148714_23521595.jpg

[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-07 00:11

綾戸さんに、本日のCD情報

今朝、TVの波乱万丈を観た。
今日は綾戸智恵さんをフューチャー。

・・涙。
あれですね、あの方はやっぱり天才ですね。
何というか直感が冴えている人っていうか。
で、人一倍、人間やったはりますね。
心に血がドクドク通ってる人っていうか。
周りがあれこれ言うもんだから真相って分からないけど、めっちゃシンプルな人なんちゃうかと思いました。

メジャーデビュー10周年、素晴らしいですね。 おめでとうございます。



さて、全国でのCDリリースをもう少し先に控えてはいるのですが、昨日から数ある大阪のジャズのショップの中でも2箇所で先行発売が始まりました。
Kaoru Azuma "Footprints in New York" (REM1001)輸入版
を現在お求めいただけるのは、
・ジャズの専門店ミムラ
・Walty 堂島 (大阪駅前第1ビル B1F) 06-6344-3940
・Light House 大阪市浪速区日本橋4-9-6 丸勝ビル3F 06-6633-9370

後はインターネットで予約可能みたいです。

・Disk Union
・Catfish Record
・Vento Azul
・HMV
・Tower Records


先行発売してもらっている2つ目のライトハウスさんは、今回初めてお邪魔しましたが、大阪屈指の頑固一徹マスターのショップ。
売れてるであろうと、有名であろうとも、マスターが聴いてOKが出ないと取り扱わない処。
アメリカやヨーロッパのミュージシャンのレコードを取り扱われています。
今回、私は日本人で取り扱うのは史上3人目で、ヴォーカルは初だそうです。
それに、偶然に惚れ込んでいるピアニストのMike Holoberが共演者ということもあり、CD販売をして頂くことになりました。
先日は私の師匠のシーラ・ジョーダンや、Don Byasの話等で話が弾み3時間も熱いトークをしてきました。
こんなお店が大阪にあるのも、面白いなぁ。
是非頑張ってもらいたいです。

CD情報はまたアップデートしますねー。
[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-06 11:50 | CD

プロモーション?動画 ありますよ~ん

日本でのリリース寸前のニューアルバム(←新CDから4曲のみ2分まで試聴できます。)のプロモーションの一環として、今日は大阪駅周辺にあるジャズ専門店や大手レコード店に挨拶に行ってきました。


話は反れますが、
いやぁ~、大阪、めっちゃオモロイわぁ~。
NYのハーレムと何となく似てる!
今回特にその大阪独特の面白さが身に染みて来た。

阪急東通り商店街の道端に、いかにもダンボール横に2mくらい積み上げてるホームレスのおっちゃんが、ダンボールに大きく”人生占い”やって(笑)。
ありえへん。
どこまで信じてエエか分からんけど、相当濃い占いしてもらえるか、めちゃくちゃか、みたいな。
でも生活必死なところが、お茶目よなー、思いましたわん。

私のNY生活も必死(度合いはちゃうと思いますが、笑)やったので、ちょっと同感してしまった自分に最後は笑えた。

その後、大阪のジャズ専門店ミムラさんへ。
ジャズの事は任せておけ!な位、ジャズがお好きでお詳しい店主の三村さんと、NYに約10年前に大学院へ行かれていたというお客様とお話が弾み、何とCDのプロモーション動画も撮って頂きました。
一発撮り、な割にはなかなか?じゃないでしょーか。
↓  こちらでご覧になれます。
「ジャズの専門店」ミムラ ブログ

明日もテクテク動いてまいります。
そういや、まだ曲紹介やメンバー紹介してませんでしたねぇ。
今度一挙公開致します。おったのしみに~。
[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-02 22:41 | CD