ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

CD収録曲の紹介

今日はCDに収録されている曲の説明をしようと思います。(ライナーノーツは英語なので。。)

まず、今回のコンセプトは、コンテンポラリーなジャズヴォーカルアルバムで、今まで耳馴染みのあるヴォーカリストがよく歌うスタンダードは一切入れずに、主にインステゥルメンタルとして馴染まれている曲のみという選曲でした。
というのも、NYで勉強しだして、それまであまり聴かなかったインストのCDをよく聴く様になりその奥深さに開眼し、シンガーのCDをあまり聴かなくなった為、私にとって自然の流れと言えるかもしれません。

また、インストの曲に既に誰かが歌詞を書いて歌っている人もいましたが、その中でも気に入らない歌詞があったりで、
「それだったら自分で書いちゃえ!」
と思って、数曲は自分で歌詞を書いたり、練習しているうちに、メロディーとコードから自然と歌詞が沸いてきたものもあります。

日本ではまだまだ”スタンダード”をヴォーカルに求められがちですが(勿論、素晴らしいですし、私も歌い続けていきたいです)、こういったコンテンポラリーなジャズヴォーカルのジャンルはまだ少ないですが、欧米では普通に評価されています。

特別私がインスト曲ばかりを歌いたいわけではなく、歌詞を全てに書きたいわけではないのですが、今回のCDはNYで5年生活して来た自然の成り行きだと思っています。
是非、私が体験して肌で感じたNYを、また現地で活躍するミュージシャンの”風”をCDを通して感じ取って頂ければ、と願ってやみません。

それでは、収録されている10曲を紹介します。

1.High Wire
チック・コリア作曲。彼のCD、The Echoes of an Era 内でチャカ・カーンが歌っていた。
オープニングに相応しいように、ヴォーカルとホーンのラインも今回アレンジし直した。

2.Confirmation
チャーリー・パーカー作曲。大学に教えに来てくれていた、レジェンドリー・ジャズシンガーであるシーラ・ジョーダンのクラス内での課題曲。昔、彼女の同級生が歌詞を書いたそうな。
この曲のコード進行をコピーして、ピアニストのホレス・シルバーが書いた曲Juicy Lucy のメロディーを、ドラムと掛け合いのコーラスに持ってくるというアレンジをした。

3.Hana & A Flower Is a Lovesome Thing
日本人の方だったらよくご存知の(沖縄の喜納昌吉さん作)と、エリントンの右肩であったビリー・ストレイホーン作曲のA Flower Is a Lovesome Thing両方とも”花”を称えた曲ということもあり、ミックスしちゃいました。A Flower~のメロディーが始まる前にピアノが奏でるメロディーに、沖縄の音階を付けました。
ストレイホーンの不思議ななハーモニーに、その音階がフィットするかな、と。

4.Another Yes or No
ウェイン・ショーター作曲で彼のアルバムJuJu に収録されている曲。歌詞を書いたのでタイトル変えていますが元々はYes or No
ガラッと原曲の雰囲気を変えたアレンジをしました。
歌詞を仕上げるのに実に半年は掛けたでしょうか。。フゥ~。
”決まりきった選択でなく、鳥の様に自由に空を漂いつつ、自分の選んだ道を恐れずに自分自身のAnswer(答え)を見つけ出そう。その先には、自分の世界が見える。I can see the World!”で終わっています。

5.Jungle City New York
セロニアス・モンク作曲で、元はBemsha Swing
実はこの曲、大学に行ってた時に今は経営破たんしたアメリカ大手のジャズ機関IAJEが当時開催していたパフォーマンスの1つの枠で、全米の女性のみのジャズを学んでいる大学生という条件のオーディションがあって、それに学校から推薦もらって応募したんですが、その時の課題曲。
シンガーも勿論インプロ必須だったんですが、それだけじゃつまらないと、日本語詞を付けました。
へんてこメロディーとコードに合う、へんてこ歌詞です。
NYってこんな所だよ~って私なりに言ってます。

6.Footprints
またまたショーターの曲。CDタイトルです。
元々はピアニストのMike Holoberのアレンジクラスで、最後の提出曲だったんです。
何とその時のベースは、ジョン・パティツッチ!それを知って、早速ベースラインを強調したっけ(笑)。
クラスでは5管のラインを書いていたんですが、今回はそれを3管風に書き直して、トップの2ラインを私の声で表現してみました。下の1ラインをフリューゲルのScott Reeves にトロンボーンでプレイしてもらいました。
アレンジ譜でドラムのシンバルまで緻密に書いたことはなく、今回初めて!
普段ライブではこういったことは実現不可能ですが、レコーディングならでは、ですよね。
こういうの、前からしてみたかったんですよ♪
是非、じっくり聴いてみてくださいね!!

7.Now's The Time Giant Steps
コルトレーン作曲の言わずと知れたGiant Stepsコード進行が一定の規則の中で少しずつ変化して行くところからインスピレーションを受け、歌詞を書きました。
”人生はノンストップ・メリーゴーランドの様に止まらない。それはゆっくりで変化がないかも知れないけど、ちょっと後ろを振り返ってみよう。ほら、自分のスタート地点があんなに遠くにあるよ。その道のりをゆっくりでも貴方が自分で歩んできたんだよ。Small stepsがGiant stepsを生むんだよ!さあ、今だ!!”
エクササイズの様な楽器のインプロがどうしても苦手なので、可愛らしくボサノバでやってみました。
それから、ヴォイスとギターで可愛いラインを書いて、ピアノソロの後にデュオってます♪

8.Without A Trace
フリューゲルのScott Reeves作詞作曲のオリジナル。彼のバンドでは前から演奏し録音もしているインスト曲。
「君に合うんじゃないかな?と思って。」とまだ誰も歌ったこともなかった曲を提供して頂き、何度も一緒にライブで歌う内、彼の深い歌詞も自分のモノになってきたので、今回の録音に踏み切った。
”あの愛し合った頃の思い出が、キスがいつも片時も離れない。暗黙のサヨナラが付きまとう。あの時キミの元を去る前、キミを引き止めることを僕は十分しなかたのだろうか?僕はそれまで気付かなかった。僕達の愛がすでに光となって消えてしまったことを、跡形も無く。静けさだけが、僕に語りかける。I must let you go...”

9.Along Came Memory
ベニー・ゴルソン作曲。歌詞を書いたので、元タイトルはAlong Came Bettyこれもまた難しいコード進行!インプロ泣かせですね。でホントに泣きそうになりながら、大学のクラスの為に(スキャットのみで・・)練習してたんですが、突然(っていうか現実逃避?)ハーレムのアパートの窓辺から見える雨模様が私の心をメランコリックにさせて、ふと日本語歌詞が沸いてきました。
それで、インプロするのがやっぱり駄目だったので(笑)、ヴォースとホーンからなるハーモニーでShout chorusを書きました。

10.Turn Out The Stars
ビル・エヴァンス作曲。Gene Lees作詞。
何とも美しいメロディーに、歌詞でしょう。
しかしコード進行もコロコロ変わり、そのテンション・ノートをメロディーに持ってくるところは、何ともエヴァンス流。
”貴方が居なければ、意味がないの。だったら、私の為に全ての星を光を、海のうねりを、川の流れを止めてちょうだい。光のない、夜にして。”という実はクールな曲の雰囲気とは裏腹な強烈なラブソングです。その局面が面白いですね。


ということで、是非是非東かおるの”Footprints in New York”をお楽しみ下さいね~~!!
リリースは7月19日です。
b0148714_13411498.jpg

ちなみに、今日から大阪日本橋のJoshin内Disc Pierさんにて、CDを大きく展開して頂いております!!是非こちらの方にも足を運んで下さいね!よろしくで~す!
[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-16 23:40 | CD

レコーディング・メンバーの紹介

レコーディングで文句の付けようのない、素晴らしい演奏をしてくれたミュージシャンを紹介します。
b0148714_353927.jpg

まず、ピアノ・Mike Holober
今回のコンセプトである、”コンテポラリー・ジャズヴォーカルアルバム”に白羽の矢が立ったのがMike氏。
実は私の大学で教鞭を取っていた教授群の1人です。彼からはアレンジやモード・インプロビゼーションのクラスを受けて、そのセンスにはクラス内で密かに驚かせられていました。
彼がジョン・パティツッチやブライアン・ブレイドらとレコーディングしたリーダーアルバム”Wish List”はアメリカのみならず日本でも取り上げられた作品ですね。
彼はアレンジャーとしても有名で、NYのBMI作曲コースでも教えたり、Villege Vanguard Orchestraも彼のアレンジした曲を演奏したりしており、コンテポラリーなサウンドにはかなり定評があります。
ヨーロッパでも最近は呼ばれることが多く、アレンジャーとしてまたピアニストして多忙な日々を送っているMike。
実は今回の私のCDで、アレンジも彼にお願いしようとも考えていたのですが、結局自分でイメージする音を譜面にすることが出来たので、今回のCDではピアニストとしての参加。
特に4曲目のWayne Shorterの "Yes or No" (歌詞を書いたので、タイトルはAnother Yes or Noになっています)でのソロは絶品です!お勧め!


次に、私が楽器の中で一番好きなもの、それはフリューゲルホーン。
NYに行く5年前から一緒に共演を、と奏者を探していたのですが、見つからず。
そしたら、素晴らしいプレーヤーがいるじゃぁないですかっ!
しかも、同じく大学に教授として!(えっ、またって!?笑)
彼の名はScott Reeves
彼はジュリアード音楽院や私が通っていたCity Collegeでジャズヒストリーや理論やコンボのクラスを教えていて、エデュケーターとしても有名。
*彼が書いた本Creative Jazz improvisationはアメリカのジャズ教育機関でも使用されている。勿論私も使っていた。
それから、NYのジャズクラブで自己のグループを率いて演奏も展開している。
現在はSaxのRich Perryをフューチャーした彼のアルバムを制作中。
と文面にすと固い印象ですが、普段はすごくフレンドリーな彼で、教授と生徒なんだけど垣根なくフレンドシップを結ばせてもらいました。
彼と何度かNYでも演奏を一緒にさせてもらったり、今回のアルバムの8曲目に彼のオリジナル”Without A Trace”というこれまた素敵な曲があるのですが(彼のソロ、超熱いんです!)、私に提供して下さり今まで誰も歌ったことがなかった曲を、日本人シンガーの私にレコーディングまでさせてくれた彼の懐の広さに感謝です。
また日本大好きな方なので、来日も近い?かもしれません。


次に、ここ数年でコンテポラリーなギターサウンドがすごく好きになり、是非にギターも!と思い、彼に声を掛けました。その名はJesse Forest
実は今回のメンバーで一番若い!というか、20代前半です。
ヴァーモント州出身でNYに来て5年。クラシックギターからジャズからブラジリアンetc...ジャンルに捕らわれなく、色々なジャンルで表現していきたいという彼。
彼と演奏していて驚かされたことは、シンガーをめちゃくちゃ聴きながら演奏しているということ。
歌詞を直ぐに覚えてしまう。羨ましい限り。
シンガーとの共演が(ミュージシャンに珍しく・・笑)大好きだそうな。
そんなサポーティブなサウンドが素晴らしいギターリストです。
*11月末に来日予定。ライブも一緒にするかも、です!それについてはまた今度!


続いては、安定したベースプレイのRobinson Morse
彼もヴァーモント州出身で現地ではNo'1ベーシストとして名を轟かせ、現在はNYに移り住んで1年。
にもかかわらず、ジャズやカントリーやオリジナルという様々なジャンルのアーティストと北米を常にツアーしている超多忙な彼。
アーティストからの信頼も厚い。
オーガニックなサウンド、かつ美しく深い響きの彼のベース、たまりません。
いつか彼とはnonジャズなライブしてみたいです。
アルバムでの彼のソロ、最後の曲の""Turn Out The Stars"美しいです。


最後に、ドラムはこの人以外考えられなかった、Paolo Orlandi
イタリアはミラノ出身の彼もまだ20代で若手。
芸術の国で生まれ育った彼のシンバル&ドラムワークは、アートです!
様々なアーティストからお声が掛かり、NYでも活躍中。
また彼の性格から来る細やかな気配りが、今回のレコーディングでは見事に出ています!
また、私の求めた、フローするサウンドを見事に、というかそれ以上に表現してくれ、ブラボー!としか言えない出来。
今後の活躍が期待される逸材です。


そんな、素晴らしいミュージシャンと、エンジニアのみなさんとの想いがこもったアルバム
”Footprints in New York”、是非是非楽しみにしていて下さいね~~。
勿論、私の想いや汗と涙がい~っぱい詰っておりますよっ!!

この写真は、ブルックリンにあるマスタリング・スタジオの屋上からのマンハッタンの景色。サイコー!
サウンドが沢山の人の力を借りて出来上がっていく過程に、この景色を見て胸が高まった。
b0148714_254301.jpg

[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-15 23:59 | CD

現実逃避中。。

苦手なものの一つ。

でもこれって、ジャズシンガーにとって、致命的。

譜面の整理、または準備。

今回のレコーディングで感じたこと。
全てのパート譜の譜面が完璧だったら、レコーディング完成度70%は終了したも同然。

それ位重要度を感じた、けど、準備にエライ時間が掛かった。
今回はほぼアレンジを自分でした為、譜面を完璧にするまでには数ヶ月要った。
1人、大学の練習室でもくもくとやっていた。エエ歳した女がポツリ。

そして今、ツアー用の譜面やらで用意しないといけないんだけど・・・。
ポーみたいな(汗)。

帰国後の荷物もまだ全て整理できてないし、こりゃ、大変だっ。。。

現実逃避中です。

アイスでも食べてみるとします。。
[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-14 23:40

日本ジャズ & Wall E

今日はとびきり暑かったですね~。

そんな中、ちょっと時間があったので、日本橋のDisk Pierさんで行われた、ジャズピアニスト田中信正さんのインストアライブを聴きに行った。

何故か今回帰国してきて、ムショ~に個性的な演奏スタイルのミュージシャンのライブに行きたくてたまらない。
そもそもNYが個性的な街だし、良し悪しは別にして個々のエネルギーそのものが至る所にあったからかな?なーんて考える。

田中さんのスタイルは、とにかく、唯一無二。
日本での5年間の空白があるので、実際どれだけ有名な方なのか実は知らなかったのですが(苦笑)、凄かったです!
そ、とにかく、凄かった!そして、次のアイデアの展開が想像も付かないところへ行くので、面白かったこと!!
ソロピアノでしたが、私の頭の中ではオーケストラのサウンドがグルグル回ってました。
いやぁ、日本のジャズシーン、なかなか面白いですねぇ~~。
でもやっぱ、トウキョウか~~。
今度は、1月にライブさせてもらった中村真Trioのライブに行く予定。
ジャズピアニストさんのライブ、3連チャンだぁ~~!

帰国前夜に映画を観に行ったんだけど、それがこの映画。
Wall E
もともと”カンフーパンダ”ってマンガ映画を観に行く予定が急遽変更しなければならず、期待せずの鑑賞。
ディズニーだし、めっちゃ子供向けなんだけど、内容があまりにも現実過ぎて、怖かった。

環境破壊の進んだ地球にはもう人間が住めなくなり、宇宙船でコンピューターにプログラミングされた人間が住んでいる。
そこから、”地球”に緑を探し出せと命令を下された最新型のロボットと、誰かがもう一度地球に戻ってきれくれることを信じて瓦礫を集めてはそれでビルを建て続け働き続ける、古いロボットが出会うというストーリー。

昨日ヘアーカットをしに行ったサロンのスタイリストさんと話をしている時、その方が、
「今NASAが90日間動かずに寝たきりの人体実験をしてくれる人に多額の報酬を出すっていう話聞きましたよ。」
って言われていて、私が観たその映画と被ってしまって、「コワァ~」って言ってたんですよ。
NASAがそんな実験始めてるって、もう地球では人が住めなくなると見込んでるってことよね、と。カットしてもらいながら、2人で熱い環境トークをしてきました。

それぞれが地球のこと、ホントに考えないと。
だって、ディズニー映画が子供達にもそう発信してる訳だしね。

ところで、その映画、日本では12月に公開らしいです。
[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-13 23:50

アメリカ大手サイトでCD発売開始!

アメリカのみなさん、お待たせしました~。
CD、ご購入頂けるようになりました~~!!

アメリカにはTower Recordは倒産で既になく、CDの販売はダウンロードやウェブからが主流なんですよね。ここはアメリカでポピュラーなCD販売サイトです。

CD Baby (CD購入サイト)

Buy the CD
KAORU AZUMA: Footprints In New York
click to order

[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-12 12:53 | CD

関西弁翻訳

今日のミュージックステーション(何年振りかに観た)を観ながら妹に聞いた。
私「サザンって解散したんよな~?」
妹「えっ、今日出演してるでぇ~。」
私「あ、そうなん!?まだなんや。」
妹「ごめん、それ、TUBEやった。」
姉妹「・・・・・・・。」

でも妹よ、何だかわかる気がするぞよ(爆)。

それはそうと、青木テルマってハーフなんですか?
久し振りに歌上手いなぁ~って思った人なので。
妹曰く、英語ペラペラやで、と。
はは~ん、だからか、リズムが流れているし、声の統一感や響きがいいんだな。

英語を日常で話していると、日本語だけを話している時と口や顔の筋肉の動きが違ってくるのです。
また違わないと上手く発音できないのです。
なので、彼女の歌を何の前知識もなく聴いて、英語圏の人のイントネーションだな、と。
言語は奥深いですよ~~。

そういいつつも、未だ永久帰国したものの毎日発言している単語があります。
”Oops!”あ~らま)とか、(あちゃっ)みたいな意味合いで。
一昨日も梅田のコンビニ入り口で段を知らずに転げそうになって、大きな声でこれを言っていた女は私です(笑)。

あと、ごくたまに口に出てしまうのですが
”Oh, shit!” (勘弁してくれよ~)ってな感じで。
すいません、あまり綺麗な英語ではありません、あしからず。。。
でも昨日これ言った後(理由は言いませんが・・)、「おいしっ!」(美味しいの短縮版)
と一緒な発音やなぁ~と。

前も日記に書いたけど、フランス行ってこれを言うと絶対大丈夫という、フランス人の友人お墨付きのセンテンスを伝授。
「こら おっさん。」これでアナタもクロワッサンが買えます!おめでと~~。


アホ会話は置いておき、昨日は帰国時に乗り継ぎのデトロイト空港で買った The Economist というマガジンに書いてあった1箇所に目が止まった。

世界的な音楽の流通&販売業界について。
アメリカやヨーロッパではもはやCDを買わなくなっていて、ダウンロードにシフトしていっている、とNYでは普通によく話を聞いたし、ペーパーにも書かれていた。
実に悲しいけど、現実そんな話。
でも本当に好きなアーティストのだと、ダウンロードしても手元に本物を置いておきたいはず!っと確かに私もダウンロードはよくするけど、そう思うし、信じたい!
みなさん、CD、買ってね~!
宣伝はさておき、(笑)その記事を書くと↓のもの。
Global music sales took another tumble last year according to the IFPI, which represents the recording industry. A 34% increase in music sold online did little to compensate for the 13% drop in sales of CDs and music DVDs, which account for the bulk of the market. A report from Price waterhouse Coopers forecast that spending on all forms of recorded music will continue to decline as youngsters turn to other outlets.

これを、Infoseek.co.jpの翻訳ページに行くと、関西弁での翻訳箇所があるのだ!
これは超ウケルので、是非おすそわけ。
面白い翻訳あったら、教えてね~~。

”世界的な音楽セールスはIFPIによって昨年もう一つの宙返りをしたんやちうわけや。ほんで、それはレコード産業を意味しまんねん。オンラインで売られる音楽の34%の増加はCDと音楽DVDの売上高の13%の低下を補償するねんためになあんもしなかったや。ほんで、それは市場の大半を占めまんねん。Price waterhouse Coopersからのレポートは、若者が他のアウトレットに振り向いて、録音された音楽のすべての形の出費が続落するねんと予測したんやちうわけや。”

・・・・、ホンマに関西弁になってるし!!
サイコー!
[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-11 23:01

ドリカム 

といっても、年下嫁さんをもらった中村さんの話じゃありませんよ(笑)。

昨日は、大阪のWalty堂島さんへ寄って担当の方と雑談をし、いつも行くと私のCDをプレイして下さるんですよ~。ちゃんとした大きなスピーカーの前には客さんが音楽聴きながら寛げるソファーがあって、お客さんとも雑談。みたいな。
いつもその担当の方から、あれなんですよ、「やぱり似てるねー。」と言われるんですよ。
声が、
   美和ちゃんに。
            そう、ドリカムの。。。
実はここ数年、よく言われるんですよ。
めっちゃ好きなヴォーカリストやし、嬉しいんですけど、いつもどう反応してよいのやら、さっぱり分かりません。
そういや、今回のCDでマスタリングをして下さった方は、昔ドリカムとも仕事したことあったらしく、彼女にも「美和ちゃんに似てるわ~。顔の骨格違うのにね。」
と何度も言われましたっけ。
これにまつわるご感想、苦情、お待ちしております(爆)。


その後は、ジャズの専門店ミムラさんに寄って、新アルバムと残りごく僅かな旧アルバム”The Water Is Wide” (2006年NY録音)をドロップしてきました。
おまけに、今度は写真をアップしてもらってます(笑)。

そうそう、今回のニューアルバム”Footprints in New York”、店頭に出る日や価格に少々差があります。
これは輸入版によるためです。
でも、全国の大手レコード店に出回るのは、リリース日の7月19日です。
そう、丁度ツアー初日です!
1週間後は九州だぁ~~!イエェ~イ!
で今回は私の大好きな温泉行ってる暇ないのが残念だけど、九州のみなさんの前で歌えるのがとっても楽しみです!!
NYからのメンバーのSeikai Ishizuka氏は既に東京でライブを済ませ、ドラムのAllanはNYから直で九州入りする予定。
私は・・夜行バスで参ります。。疲れませぬよう~~。。。

■7月19日(土) 福岡 Back Stage
福岡市中央区大名2-4-31 平子ビル1階
Tel: 092-712-2828
start 19:00~ (2 stage) / music charge \2500
Seikai Ishizuka (Pf) from N.Y.
Allan Mednard (Dr) from N.Y.
田中宏(Bs)
東かおる(Vo)


それはそうと、そのミムラさんに寄った後、今度30日にライブをする、大阪のMr. Kelly's西山瞳ちゃんのバンドParallaxライブを聴きに行ってきました。

楽しかったぁ~~♪

いや、さらに進化した彼女のサウンドコンセプト&バンドサウンドには、もう感心させられくり。
コンポーザーとしても素晴らしいアーティスト!
そんでもって、かなり、キャッチーなバンド!
帰国して初めて聴きに行ったライブ。
超ラッキーでしたV

私もその音の波に一緒に乗って高まっていきたいけど、私はヴォーカリスト。
はて、どうしたらインスト的に行けるのだろうか??とライブを聴きながらず~っと考えていた。
う~ん、ここは独りで考えどころだな。
それをクリアーにするには相当もっと色々聴きこんで練習してセッションしないといけないだろうなぁ~~。
何年掛かるか。
ほー、道は長い!


ひとまず、現在の課題は、今回のツアーメンバーであるピアニストのSeikai Ishizuka氏からのリクエスト曲、彼のアレンジした♪Stella by starlight と、キース・ジャレット作曲の2曲をどう自分で消化するか、なんですわ。
是非ライブで聴いてみてくださいね~~。
[PR]
# by kaorumusic | 2008-07-10 23:05 | CD