ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今年も有難うございました

えー、何とも哀しき大晦日。
コンピューターの調子がおかしくなり、現在、紅白観ながら急遽初バックアップ中です。もう寿命なのかな?(涙)

なので、携帯から頑張って打ちます。

みなさん、今年も有難うございました!!

私にとって今年は特にジェットコースターに乗っていたかのような一年でした。
年始はニューヨークでライブ、春は同じくニューヨーク、そしてニューオリンズでも歌わせて頂く素晴らしい機会に恵まれました。

夏は風邪のウィルスが声帯に入り、声が出なくなる病気になり二週間筆談、いつ歌えるか分からない事態になり、身体と精神的な健康に今まで以上気を遣うようになりました。
ただ、このおかげで歌を歌うという事を今まで見なかった角度から初めて知る事もあったりと、神さまがいるとしたら、今の私に必要な事を下さったんだと思います。
全てには意味がある事なんだな、と。

秋にはオリジナルとジャズスタンダードの独特アレンジを演奏すべく、バンドSky End結成とライブ開始。
フィールドがジャズのメンバーなので、全くその完成形が読めない分、スリルと驚きは倍増!
来年は初の名古屋と東京もあるので楽しみです。

年末に掛けてはピアノ西山瞳ちゃんの曲を歌うライブが続き、オリジナルソングの素晴らしいさに改めて感じさせられました。

ジャズスタンダードやコピーも勿論良いですが、自分の書いた曲や歌詞で歌うことには勝りません。
来年はもっとオリジナルも作って歌っていけたら、と思います。

そして今年もジャズボーカルクラスやプライベートレッスン等で沢山生徒さんと接する機会がありました。
レッスンだけではなく、発表会やセッション会、また発音ワークショップ、色々歌って頂く機会を提供もさせて頂きました。
生徒さんの中で普段からライブされているだけでなく、今年からライブデビューされた方も多く、私も同時にさらに学んで行かなければ、と良い刺激を頂いております。

そして何よりも、そんな生徒さんから音楽との関わり方を含め、学ばせて頂くことも多かったです。

それから、来日ミュージシャンのインタビューと翻訳作業のヘルプ。なかなか大変で次は無理かも、と思いながら話があったら引き受けてきてますが、これも私自身が直接話を聞ける良い機会ですが、それを次はみなさんにお伝えする、というプレッシャーもありますが、私でみなさんの役に立てるのであれば、と一心でやってます。

とまぁ、携帯打ちで疲れてきましたが、来年も、ただただ今やっていることを続けて行くのみです。
だけど、来年は身体のメンテナンス等をしっかりやっていこうと思っています。
健康があってこそ。

今年もいっぱいみなさんにはお世話になりました!ホントに有難うございました!
来年もよろしくお願いします♪

2011年がみなさんにとって素晴らしい年となりますように。

良いお年を!
[PR]
by kaorumusic | 2010-12-31 23:35

12月ライブまとめ

寒い中、昨日と一昨日のライブに沢山の方にお越し頂き、どうも有り難うございました!
みなさんのお陰で無事にハッピーに歌い締めくくれた事、感謝しています♪

12月は本当にばたばたで殆ど落ち着く暇も無く、ライブ日記が追いついていませんでした(汗)。
なので、簡単に印象深いエピソード(自分が忘れない為に、笑)と頂いた写真もアップしていきますー。

12月1日 @B-Roxy
久々のフィリップ・ストレンジ氏のピアノ。この日はセカンドステージからギターのジェシが入りトリオ。
リハの時からフィリップと曲の解釈に付いてトークをしながらで、より深く掘り下げていつもライブを楽しめます。
この日、あるジャズのスタンダードで、”女は男の帰りをオーブンの前で待ち・・・”みたいな歌詞がある曲でフィリップが一言「この歌詞は既に今の時代古いから、少し歌詞を変えようか?」と。
これぞ、進化するジャズだとも思います。
言葉も理解した上での演奏はより深くて楽しかったです。
お越し頂いたボーカルの宇根崎緑さんに1曲歌って頂き、エレガントな歌唱にうっとりでした♪ Thank you so much!
そしてベースが無かったので弾いてはもらえなかったけど、カナダ人のベーシスト・トーマスも聴きに来てくれて、まぁなんとも英語の飛び交うインターナショナル・ナイトでしたね(笑)。
そうそう、B Roxyの天井低めな所がいくつかあり、頭を打ちがちな長身のフィリップとジェシ、どっちが高いか背比べ開始してました。
数センチだけジェシが勝ってました(笑)。

12月4,5日の東京はこちら

12月9日 @ Basin Street
久々、ピアニスト生田さちこ氏とデュオ。
この日は今年名古屋に歌いに行った時に聴きに来て頂いた方との再会や、お友達の福岡在住のボーカリスト市川ちあきさんもお越し頂いたり(1曲スウィンギーに歌って頂いてとっても素敵でした♪ Thank you so much!)、嬉しかったです☆
いやしかしピアノの生田さん、いつも最高ですね。あっぱれ。
お客様にも「楽しそうに歌いますね~。」と。だって、楽しいんだもん。みたいな(笑)。
b0148714_1416329.jpg

photo by Mr. Taka

12月10日 @Crossroad
ギター・ジェシとのデュオ。
お客さんがみなさん前方の席に座られて、かぶりつきライブ!いえ、アットホームなライブでした☆
何か私も家のリビングで歌ってる感じでした。
最近、ジェシとのギターとヴォイスデュオでは特にリラックスと緊張感の具合が絶妙になってきた感じで、非常に楽しくなってきました。
この日もジェシの巧みなエフェクター&ループ使いがなかなか面白かったです。
b0148714_14172110.jpg
photo by U san
こちらのお店、近隣の事もあり10時に音はストップしなくちゃいけないんですが、丁度10時にラストソングが終了。アンコールを頂いたものの音が出せないので、どーしてもみなさんに最後に歌いたかったクリスマスソングをアンプラグドですることに!
えー、アカペラと、生エレキギターですよ(笑)。こんな感じ。
b0148714_14175463.jpg
photo by G chan
おまけ
演奏前に「ゴーン」と大きな地響き音が。私は地震かと思ったら、ジェシがお店の天井にある鉄骨に頭をぶつけてました。イタタ。大変だね、日本で背高いとzzz

12月17,18日 @フェリーさんふらわぁ
大分・別府と神戸感での演奏。いつも楽しく演奏させて頂いております。
今回も演奏後に差し入れ、そしてCDも沢山お買い求め頂き、有難うございました!
大分で半日空くのでやっぱり大好きな由布岳を見に。うっすら頂上は雪付いてました。
b0148714_14191741.jpg

そして今回は別府の地獄へ行ってきました。
b0148714_14201085.jpg


12月25日 @JTN
クリスマスに相応しくゴージャズに。
この日は奈良や滋賀や神戸や福井からも沢山お客様にお越し頂きました。どうも有り難うございました!
この日は今年GLobal Jazz Orchestraで数曲歌ったCDを聴いて下さってこちらのお店に紹介して頂いた方と初めてご対面。作品を通して知って頂けるのは非常に嬉しいものです。有難うございます。

12月29、30日 @ CANDY & Creole
今年いっぱい歌詞を書き、彼女のオリジナルと向き合った西山瞳ちゃんの曲と、私が今年書いたオリジナル数曲のライブ。神戸ではベースの坂崎くん(名前はっきり言えたyo!)と久々というかガチでは2度目のライブ。意外だなぁ。来年はもっと一緒に出来ればね。
彼は瞳ちゃんの最近のCDでお馴染み。その中の曲も勿論演奏。素晴らしかったです。
みなさんと音楽世界を共有できて、またこのライブで今年は締めくくれて幸せでした。
b0148714_14211491.jpg

photo by S san
スウェーデン在住でCDをリリースしたばかり、ピアノの坂田尚子さんとCDのアートワークを手がけた方にもお越し頂きました。彼女が渡欧したのと私が帰国した時期が一緒で今までお会いする事が無かったんですよね。是非ライブ聴きに行きたいです!が、1/3のライブはsold out..zzz...


2010年総括へと続く・・・
---------------------------
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2010-12-31 14:42 | Live

今年〆ライブ2days

今年を振り返り、沢山クリエイティブな時間を過ごしたプロジェクト、ピアニスト&コンポーザー西山瞳ちゃんのオリジナルに向き合い、そしてそんな素敵なメロディーにたくさん歌詞を書き下ろしました。
回数を重ねるごとに、歌で挑むという難度の高い壁が徐々に溶け始め、やがてその向こうにある世界が広がるのを感じ、オリジナルの深さを感じます。
その今年の集大成。
関西で瞳ちゃんと2daysです。
神戸ではベースの坂崎くんも加わり、今年の〆に相応しく思い思いに歌ってみたいです。
以前のブログに英語で書いた歌詞の訳を載せています。
『Changing You』( 原題: 『Changing』)
『Garden Under The Rain』

今回は、年末につき出血大サービス!で夏にシークレット・レコーディングをしたあの曲の日本語訳を載せてみます。これは変拍子祭り&音域広し、な大曲につき、ネイティブスピーカーと共作です。
-------------------------------------------------------
『On Travel』
Music by 西山瞳 / English Lyric by 東かおる & Jesse Forest

-- 日本語訳 --

”ふと大切な人の事が頭を過ぎったら、ただ想いにふけよう。
その人を想った分だけ開く花がここに。
「ほら、今、貴方の側に私が居るの分かるでしょ?」

日が沈み暗くなると共に、電車は発つ。
だけど、”去る”という言葉は私の辞書なんかにないことを知っているわ。

さあ、これからの私達、今、この時、旅路に立つ。
輝く未来へ、無限を求めて。
終着地まで、車窓から変わり行く景色と共に。”
-------------------------------------------------------

■12月29日(水) 京都・祇園 CANDY
西山瞳(Pf) & 東かおる(Vo) Duo
8:00pm~ 2回 MC¥1700
京都市東山区花見小路新門前上ル汀(みぎわ)館 B1 Tel:075-531-2148

■12月30日(木) 神戸・ハンター坂 Creole
西山瞳(Pf), 坂崎拓也(Bs), 東かおる(Vo)  
7:30pm~ 2回 MC¥3000(予約)¥3500(当日)  *お飲み物のご注文は自由です。
神戸市中央区山本通2-3-12 北野ハンター坂 Tel : 078 251-4332


---------------------------
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2010-12-27 13:48 | Live schedule

ネイティブのJazz Vocal 発音ワークショップ Vol.2

11月に開催し盛況を頂きました、第1回目ネイティブのJazz Vocal発音ワークショップに続き、第2回目を行う運びとなりました。

今回から会場を2つに増やし、よりお1人ずつの発音をチェックすべく、人数制限を設けた少人数制で進めていこうと思っております。
大阪会場ではより”みっちり”とレッスン、神戸会場ではドリンクを交えてジャズクラブならではの雰囲気も愉しみながら。

『ネイティブのJAZZ VOCAL発音ワークショップ Vol.2』
ネイティブ講師を迎え、JAZZ VOCALのための英語の発音を強化するワークショップ
基本的な発音の説明・デモンストレーションを始めに行い、課題曲の歌唱発音を学び、その後インストラクターによる伴奏で歌唱します。

課題曲: 『Night and Day』
■インストラクター
Jesse Forest(ジェシ・フォレスト) ギタリスト・英語講師・英文校正者
アシスタント 兼 通訳: 東かおる ヴォーカリスト

「ジャズは広く世界中で楽しまれる国際的な言葉です。ブルースとボーカル音楽から成り立っている伝統のものなので、過去の重要な音楽家や今日それを受け継いでいる著名な人達はみなシンガーであったりします。
ジャズはアメリカの音楽です。ジャズをマスターしようと日々努力している多くのシンガーが見落としがちになるのが“発音”です。適切な発音で歌う事は、説得力のあるパフォーマンスをもたらします。それはジャズの“声“から来る音であり、音楽の”心“なのです。」 by Jesse Forest

◇大阪会場
■日時 2011年1月30日(日) 
14:30~16:30 2時間レッスン 10名限定
■場所 大阪・中津 Music Space TODO
大阪市北区豊崎5-2-19 梅田レジデンスビルB1 
(地下鉄御堂筋線中津駅1番出口から徒歩4分。阪急梅田駅またはJR大阪駅からは新御堂筋に沿って、LOFT、MBSから北へ5分)
■参加費 ¥3000
■持参品 筆記用具、お持ちの方はレコーダー *歌詞と譜面はご用意致します


◇神戸会場
■日時 2011年2月26日(土) 
14:30~17:00 2時間半レッスン 15名限定
■場所 神戸・北野坂 ジャズクラブ Basin Street
神戸市中央区中山手通1-22-13 ヒルサイドテラス3F
(各線「三宮駅」より徒歩約7分。北野坂をまっすぐ北上し、山手幹線を越えて最初の交差点の角のビル。茶色の外観のビルがBasin Streetのあるヒルサイドテラスです。北側の入り口からエレベーターで3階に昇って下さい。)
■参加費 ¥3000 +1ドリンク¥500 直接お店でご注文下さい
■持参品 筆記用具、お持ちの方はレコーダー *歌詞と譜面はご用意致します

■お申し込み・ご質問
メール  RiverEastMusic@gmail.com 
お名前とご連絡先、ご希望の会場をお伝え下さい。
尚、直前でのキャンセルはご遠慮させて頂きます。

~経歴~
◇ Jesse Forest <ニューヨーク市立大学シティーカレッジ校 英語科, ジャズ科 首席卒業>
アメリカ合衆国・バーモント州出身。幼少の頃からクラシックギターを学び、イーストマン音楽院で行われたコンテストにて州を代表して優勝。オールスターメンバーとして北米をツアー。
高校卒業後はニュースクール・ジャズ科への合格を機にNYへ渡り、音楽活動の幅を広げる。後にニューヨーク市立大学City College校音楽部ジャズ科へ編入。
大学在学中からギタリストとエレクトリック・ベーシストとしてCornelia Street Café、55 bar、Bitter Endといったニューヨークの様々な
クラブ、国連本部でも演奏するなどして活躍。 また英語にも造詣が深く同大学にて、英文校正者、英語インストラクターとしても勤務。
日本では2009年、Global Jazz Orchestraと共にジャズピアニストの小曽根真とも共演。
2010年9月から日本へ拠点を移す。
ソロ活動の他、Global Jazz OrchestraやSky Endといたバンドでも活動、また英語講師としても英会話学校に勤務。
ジャズギターをBrad Shepik, Vic Juris, Richard Boukasらに師事。

http://jessef.exblog.jp/



◇ 東かおる <ニュー ヨーク市立大学シティーカレッジ校 ジャズ科 卒業 プロ・ミュージックアワード受賞>
大阪府出身。英語教師だった父の影響で幼少の頃から英語に親しむ。
'00年第1回神戸ジャズヴォーカルクイーンコンテストにて審査員特別賞受賞。
'03年ニューヨーク市立大学City College校音楽部ジャズ科の合格を機に渡米。
大学在学中から、マンハッタン・ハーレムの教会で毎週クワイヤーメンバーとして活動。また55 Bar、Cornelia Street Caféといった有名ジャズクラブに出演をし注目を集める。
'08年7月、帰国。 在米中に2枚のCDをリリース。NYで有名なジャズ雑誌Jazz Improv Magazine にてCDが取り上げられ、
ヨーロッパのラジオ局でも音源が流されるなど注目される。
2010年4月ニューオリンズのFrench Quarter Festival に出演。
ジャズヴォーカルをSheila Jordan, Mark Murphy, Suzanne Pittsonらに、また英語発音をJanet Steel, ANDREAMらに師事。

http://www.kaorumusic.com/
[PR]
by kaorumusic | 2010-12-25 14:05 | 発音ワークショップ

★メリー・クリスマス★ from Vermont

冬らしくなりましたね。
今日は大阪でもWhite Christmasなるか!?
といっても私は京都でクリスマスライブなんですが。今日で今年のX'masソング歌い納め。
今年覚えた曲は2つあって、1つは友人の結婚式でのリクエストで、『Count Your Blessings』という曲。
アメリカのクラシック映画『White Christmas』でビング・クロスビーとローズマリー・クルーニー(俳優ジョージ・クルーニーのお母上)が歌っていた曲。

そう、その映画の舞台となった場所は私の大好きな地アメリカ・バーモント州。といっても、よく観ると、映画ではセットなんだけど(苦笑)。

覚えたもう1つは、この時季、クリスマスソングとしても歌われる『My Favorite Things』。この曲もアメリカ・バーモント州に縁があって、映画『The Sound of Music』でトラップ・ファミリーが歌った曲で有名。ジャズでは勿論、ジョン・コルトレーンの演奏でお馴染み。

何故そのファミリーと縁があるかと言うと、その本物のトラップ・ファミリーの子孫が住んでいる家が、バーモント州のStowe(ストウ)といわれるスキーリゾート地にあるのです!
そして、何と豪華ホテルだったりします!
なんとそして、そこで映画さながら演奏されているのです!

Trapp Family Lodge
2006年に初めてバーモントへ行った時に現地の知人に連れて行ってもらいました。中を素通りしただけですが・・。
b0148714_0501769.jpg
トラップ一家というと・・・オーストリアの方達ですよね。
それが何故、Stowe?というと、ナチスドイツの迫害を受けて、亡命してきたアメリカ。
たまたま通ったバーモントのStoweが故郷に似ていたからだそうな。

実は、このホテルの脇に、360度マウンテンビューのコンサートできる丘があるんです。
冬は氷点下20℃は軽く行くので外でゆっくりするなんてことは皆無ですが、夏にはコンサートもされるそうで、私が死ぬまでに一度は絶対に歌いたい場所なんです。
数十年後にバーモントツアーする、言うたら、みなさん来てくれる?

さて、今日は身近な京都です(笑)。

クリスマスの雰囲気を楽しみましょうね♪

12月25日(土) 京都・祇園 JTN
残席わずか。お問い合わせ下さい。
多田恵美子(Pf), 佐々木研太(Bs), 中島俊夫(Dr), 東かおる(Vo)
8:00pm~ 2回 MC¥3500
京都市東山区花見小路新橋角7F Tel: 075-531-3312

☆おまけ☆
b0148714_185919.jpg
12/1のB-roxyライブでお客様から頂いたグリーン♪ Thank you!

---------------------------
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2010-12-25 01:00 | お気に入り♪

Soul Trip

帰国組の友人達は結構いる。
今年はそんな彼女達の旅が多かった。

インスピレーションでひょいと海外へ行ってしまうフットワーク。
そこで運命の土地と人と出会い、移住し、現在はバリバリ異国で仕事を自ら取っては生活する友。
海外を幼少期から過ごし、現在は日本で伴侶を見つけて婚約中の友。
海外で伴侶を見つけ、旦那さんの仕事でベイビーとヨーロッパへ移住した友。

まぁ、何だか年齢的におめでたい話が多いんだが、みんなそれぞれに幸せ。
素敵★

でも、降って湧いてきたものじゃなくって、自分でそれを探る旅に出て獲得したもの。

旅好きな者は旅を重ねるし、海外で住んだ者は、何故か数年のスパンでまた違うどこかへ身を投じたがる。
他を見る事によって、己を見つめ直す事ができる、のかもしれない。

私もまた何かが動き出しているのを静かに感じる。


来年はどこへ行こう?

どこへ行く事をチョイスするのだろう?

---------------------------
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2010-12-17 14:59 | Life

シーラ・ジョーダン愛の歌に触れ、一緒に歌った日

今日は一日雨。
また別の外国人ミュージシャンのインタビュー翻訳作業をし、特別なライブへ行く準備を。
髪の毛が珍しく全く決まらず、サイドがはねはね。おまけにゆっくり時間も無く、化粧ままならぬ顔で外出。
女子が髪の毛や化粧で決まらない日は超ブルー。だけど、こういう日に限って何かサプライズが待っている。

私が通っていたニューヨーク市立大学City College校の音楽学部ジャズ科で教わった、82歳の今でも現役でビバップを歌わせたら右に出るものは居ない、いや、心をビバップにあげてしまったくらい最高峰のジャズシンガー、シーラ・ジョーダンの京都でのライブに行ってきました。

シーラに会ったのは私がニューヨークを引き上げる前のバースデーライブだったから、3年以上前。
相変わらずの愛らしい歌声と、小悪魔チックなユニークな語り方は今でも顕在!
そして、あの歳で2ステージ、しかも海外ツアー。頭上がりません。すごいです。
関西で活躍される沢山のジャズシンガー達も聴きに来られていました。
何だか、シンガー・プチ会合みたいになって楽しかった♪

さて、演奏は素晴らしかったです!ピアノのピーターも素晴らしく、二人の息もぴったり。
何でも20年来の付き合いで彼女がオーストリアへツアーに行った時にピーターと知り合って以来だとか。

スキャット、歌詞の伝え方、オーディエンスとのやりとり、全てにおいて他の紛れにも無くシーラのステージだったな~。
バラードの情感や82歳にしてもアップテンポのリズムキープ。
一体何を食べていればここまで歌えるんだろう?とNY時代からの七不思議の1つ。

2回目のステージ後半で何気に若いヴォーカリストが・・・と話し出し、彼女が尊敬して止まず彼の生前常にハングアウトしていたチャーリー・パーカーの曲、、、気付いたら私にシーラの目が!一緒に歌おうよ、と。
え、私っ!まさか同じステージで!?
その後の事はよく覚えていません。
そう、私のCD2曲目に入っているConfirmation。
ライナーノーツにも書いてもらっているけれど、この曲は何を隠そう大学でシーラから直接学んだもの。
よくスキャットもクラスを取っていたシンガー達と一緒に歌い回したな。
この歌詞、シーラの中学の時の同級生が書いたという彼女にとって特別なもの。
それを一緒に京都のジャズクラブで同じステージで歌うなんて、夢にも思わなかった。
スキャットもやるわよ、とアイコンタクト。
4小節ずつトレード数コーラス。
「どこでそのスキャット学んだの?」って即興の歌詞で迫ってくるシーラ。
勿論「シーラ、シーラ!」と返すのを皮切りに、即興で歌詞を作り歌う。貴方の名前を紹介しなさいよ、と言われ紹介させてもらい、大学の時の話も交えて歌詞をインプロする。
あー、これって大学のクラスでいつも私達にさせていたことで、あの時、無我夢中でがむしゃらに食らい付いていっていた自分や、クラス内でのシーラの人生の話や、この日の素晴らしい音楽に心いっぱいになり涙溢れてきました。ステージであそこまでぐじゃぐじゃになって歌ったこと、初めてなくらい。
そしたら、シーラも涙涙。
またしても「♪泣くのはおよし」ってな感じで即興歌詞で返される(笑)。

その後のアンコールまで涙止まらず。
素晴らしい方です。
師匠だから、とか抜きにして、ジャズシンガーの方、是非彼女のコンサート12/14西宮、12/15京都le club jazzでのワークショップに参加するべきです!!
現在も現役で、しかもジャズジャイアンツ達と生きてきたある意味、生き字引的な方です。
彼女の発言する一言一言が重いです、だって経験からだもの。本物だよ。
CDなんかより、生で体験してください。

シーラの素晴らしいところは、とにかくkeep singingしてきたところ。
彼女、50歳まで家族を養うため、普通に毎日オフィスワークしてたんですよ。
勿論16歳で既にステージ経験はあったけれど、50過ぎてから歌1本で行こうと決めた訳です。
City Collegeのジャズ学科もMJQのジョン・ルイスとシーラが起こしたもの。
彼女がいつも私達生徒に伝えていたものは、”とにかくどんな時でも歌い続けなさい”
それは、激動の人生を送ってきたシーラが一番知っている事。
だから、悩んだ時いつも彼女が言ってくれる言葉
「あなたなんか、まだベイビーよ。」
私も少なからず人生の難を経験して歌を聴いては涙した度に、いつも救われていました。

あー、シーラの足元にも及ばないけれど、彼女の歳までにはまだ50年もある。
どうやって人生を過ごし、毎日を生き、そして音楽と携わっていけたら、、、それがその時の歌なはず。
さて、明日からまたスタート。
だって、まだベイビーだもん♪

ライブ終了後の写真。w/ シーラ・ジョーダン
b0148714_1365953.jpg


実は、今回のミッションの1つ。私がNYを去る時に作ったCDを渡す事でもありました。無事渡せて安心。
だって、彼女は私のFootprintsの1人だから。
[PR]
by kaorumusic | 2010-12-13 23:59 | Live

東京日記

先週末からの東京、とっても有意義な時間が過ごせ、本当に幸せでした!
まずは、ライブ前夜に東京入り。着いたその日は、友人カップルのお祝いに、セレブの香り漂う代官山でこれまたフレンチで有名なお店でのウェディングパーティーに出席。
夫婦二人とも音楽家。片方はプロのクラシック奏者ということで、この日はプロの奏者方や音楽教育機関の学長方やら作曲家の方等多数参列。
その中でマイノリティーだったジャズ側からお祝いとして演奏してきました。
普段いるジャズサイドの世界と違って何と煌びやかな世界だろう。何だか余裕を感じますね(爆)。
微笑ましい夫婦の誕生に、素晴らしい演奏に、ゴージャズな立地。
酔いしれて嬉しくって歌い、あー、音楽って無駄な言葉も要らない最高のGiftだな、と思った夜でした。
b0148714_13542.jpg

さて次の日から演奏。
池袋のApple Jumpでは初出演。
この日の共演者の1人であるギタリスト市野元彦さんとはあるプロジェクトの録音を除き、初共演。
素晴らしかったですね!
ピアノの西山瞳ちゃんとは東京では7月以来の共演。
彼女のオリジナルと私のオリジナル中心の演奏。
この日、最高に良い音に歌っていても酔いしれました。お店の音環境や、特に市野さんのギターの音色と私の声質とのブレンド具合が本当に気持ちよく、豊かな倍音にヤラれました。
瞳ちゃんのオリジナル数曲で、Voiceとギターの2声でのアレンジが施されているものもあったりで、この日は市野さんと一緒になれて本当に嬉しかったんです♪(←問題発言だとH嬢に爆笑された。)
また是非この組み合わせで出演させて頂きたいお店でした★

そして次の日、ランチタイム・ライブ@楽屋。
大好きなお店です。何といっても食事が美味しい!この日もライブ後に食べて超満足でした。
さて、この日、CDでお馴染みのギターのJesse Forest初東京ライブ、でした。
最近日本でエフェクトを購入し、メキメキ腕を磨いている彼。この日も二人のオジリナルにスタンダード、楽しく演奏しました。
デュオ+ワン、でゲストとして私たちのNYでの大学の同級生で最近同じく日本に移ってきたばかりの素晴らしいアルゼンチン人ギタリストEduardo Garciaが数曲参加。
b0148714_1364765.jpg
photo by Mr. M.  左からJesse, Me, Eduardo

今後、JesseとEduardoでユニットを組むそうな。Eduardoのルーツであるタンゴ、フラメンコやジャズ、クラシック、色々交えてやるそうです。こちらも楽しみだねー。

両日のライブへお越し頂いたみなさま、どうも有り難うございました!

次回の東京行き、決まりました!ちなみに、Sky Endで参ります。
3月15日(火)東京・中目黒 楽屋 です!またみなさんにお会いできるのを楽しみにしております!

おまけ。
友人ライちゃんに連れて行ってもらった、新宿のお店で食べた「トンカツ茶漬け」美味すぎ!!!
b0148714_135486.jpg

[PR]
by kaorumusic | 2010-12-10 13:05 | Live

明日&明後日の関西ライブ

東京から帰ってきました。
大阪着くなり、寒いです。
みなさま、風邪に気をつけてくださいね。
私は今年、くしゃみばかりしています。
なので、鼻の周りがカサカサしています。お化粧乗りづらくって大変です。
さて、東京日記は後ほど書くとして、明日と明後日の関西ライブのお知らせです。

これは見逃せませんよ!今やBasin Streetならではの組み合わせ。久々生田さんとの”がっつり”デュオ。アツく美しく。X'mas songもあるやも☆
■12月9日(木) 神戸・北野坂 Basin Street
生田さちこ(Pf) & 東かおる(Vo) Duo
8:00pm~ 2回 MC¥1500
神戸市中央区中山手通1-22-13 ヒルサイドテラス3F Tel: 078-261-8939

Intimate Duo 私のCDでもお馴染みジェシ。ギターのエフェクト使いマスターです。色々楽しいよ♪
■12月10日(金) 東大阪 Cross Road
Jesse Forest (Gt) & 東かおる(Vo) Duo
8:00pm~ 2回 MC¥2000
東大阪市荒川1-16-7 Tel: 06-6736-8870

お待ちしております★

---------------------------
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2010-12-08 02:45 | Live schedule