ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

北野の夜

朝からの仕事を終え、ラストミニッツぎりぎりで選挙へ。
昨日の土曜日、ある党の立候補者が声を嗄らしながら選挙車で最後のお願いをされていました。
部屋に居た私はこんな声を聞きました。
「いつも有難うございます。いよいよ明日です。よろしくお願いします!」
(近所の方達がたくさん玄関外へ出て声援を掛けられていた様子)
「有難うー!分かってるよ!玄関からわざわざ出てこんでいいよ!十分分かってる!有難うー!!」
と言われていたのがとても心に届きました。

その後、北野にあるジャズクラブBasin Streetでのライブへ。
この日も沢山のお客さまにお越し頂きまして、どうも有り難うございました。
素晴らしいメンバーは、ピアノに”いくP”、ベースに”よしP”、先日クレオールライブを共にして現在来日中のギタリストJesse(Pの付け様がない・・)がゲストとして。
何故”P”なのか、はこの日来られた方のみぞ知るもので・・・(笑)。
いやぁ~、濃かったねーー。

普段2回ステージで歌うことが殆どなんですが、昨日のお店は3回ステージ。
曲数は一日で16曲と2回の時とほぼ一緒なんですけど、1曲がそれぞれのソロ入りで長い!
なので、始めのセットなんか軽く1時間弱、みたいな(汗)。
毎回全力で行くものだから、結構最後のセットは私、バテテしまいました(爆)。

が、しかし、お越しになったお客様からは「すごく得した感じ。」「出血大サービスな感じ。」と(笑)。

さて、私の課題がまた出来ました。
3セット用に集中力&エネルギーの配分を、また声の出し方を考えていこうと思います。
現場で学ぶことの多いことっ!
------------------------------------
ライブフォトダイアリーはもうじきこちらでアップして頂けます。
------------------------------------
photo by Mr. LA
b0148714_0134670.jpg
b0148714_23584871.jpgb0148714_2359068.jpgb0148714_23591235.jpg









-----------------------------------------------------------------
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2009-08-30 22:36 | Live

「東さんって・・・

怖い人なのかと思ってました・・・。」

と、CDをご購入頂いてライブ会場で初対面するお客様に最近言われることが多いです。
笑ってないもんね、CDジャケでは。中身の写真もそうだけど。意識的にそうしたんだけどね。

私?全くコワくはないけど、演奏中に断り無しにバシャバシャ写真撮られると、休憩中に注意はさせてもらいに行くくらいかしら?

ライブ中のアホMCを聞いて頂ければ、天然だとお分かりに。。
最近、ヒドいのですよ・・・(笑)。突っこみ所満載な様で・・。ね?

今週土曜のライブでは、まともに出るか?!
前回のCreoleと一転してスタンダード多めに演奏する予定です。
お待ちしております。アツイよー、このメンバーだもの!

■8月29日(土) 神戸・北野坂 Basin Street
神戸市中央区中山手通1-22-13 ヒルサイドテラス3F Tel: 078-261-8939
生田さちこ(Pf), 時安吉宏(B), 東かおる(Vo)
7:30pm~ 2stage MC¥1500
-----------------------------------------------------------------
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2009-08-26 02:02 | Live schedule

昨日のライブ

お越し頂いた皆さん、暑い中だったにも関わらず、どうも有難うございました!
土曜の昼下がり、沢山の方と過ごせて幸せでした♪

アナウンス通り、ブラジリアン、ブルーグラス、オリジナル、バーンスタインetc...勿論数曲はジャズスタンダードとジャンル関係なくステージ構成をしてみました。
結構詰め込んだんで、セットリスト書いておきますね。

1st
East Of The Sun (スタンダード)
花〜A Flower Is A Lovesome Thing (CD収録曲)
New York Nightmare (Jesse Forest オリジナル)
Casa Forte (Edu Lobo)
Some Other Time (Leonard Bernstein)
The Water Is Wide (スコットランド民謡)
Aqua de Beber (A.C. Jobim)
They Can't Take That Away (スタンダード)

2nd
Chorinho Pra Ele (Hermeto Pascoal)
Fly Me To The Moon〜 Moon River (スタンダード)
Forget About It (sung by Alison Krauss)
My Romance (スタンダード)
ノルウェーの森 (Lennon & McCartney)
Tristeza (Haroldo Lobo)
Somewhere (Leonard Bernstein)

アンコール
Flor De Lis (Djavan)


来日中のギターのJesse Forestとは、9月9日に大阪Jazz on Top ACT3 にてデュオライブがラストになります。このリストからも勿論演奏しますよ〜♪お待ちしております。

ちなみに、昨日は嬉しい出会いがありました。
お越しになった方で、そもそもその方のお知り合いが、私のCDレコーディングピアニストのMike Holober氏のファンで、アメリカとヨーロッパではアレンジャーとしても知られている彼ではありますが、日本での情報がまだ十分でない為、Mikeの事を調べていたら私のホームページにたどり着いてライブに来られた、という方がいらっしゃいました。
本人にメール送っておきますね!
ちなみに、Mike Holoberのホームページがようやく最近オープンしたみたいです。

写真はライブ後。
日差しがまぶしいゼ〜
(Uさん、いつも有難うございます。)
b0148714_0265681.jpg

[PR]
by kaorumusic | 2009-08-23 23:58 | Live

今週土曜日のライブは

さらに色んなジャンルの曲が飛び出す予定です。
様々なブラジル人の作曲者をフィーチャーしたブラジリアンに、共演者Jesse Forestが北米にあるヴァーモント州出身でこちらではカントリーやブルーグラスといったジャンルが一番よく聴かれる音楽ということもあり、ブルーグラスシンガーで有名なAlison Kraussの曲もやっちゃおーかなー、と思案中。
また、Jesseのオリジナル等を含め、私にとっては新曲テンコ盛り。


さて、選曲の話ですが、勿論スタンダードジャズと言われる、長年色々なジャズミュージシャンから受け継がれてきて、リスナーからも愛され続けている曲もやりますし、日本では特に好まれていますよね。
しかし、本場ニューヨークでは今ではもう殆どライブハウスで耳にすることがありません。
かなりの大御所を除いて、ヴォーカリストがスタンダードばかりを歌うことに出くわしたら、かなりレアかもしれません。
現地の若者がそればかりを聞くと「何でいまさら?」といった反応もあることでしょう。

では、一体どんなジャズが主流なのか?
これには答えられないなぁ~~~。だったらこんな事書くな!ってね(笑)。

スタンダード曲は勿論、ジャズ教育機関でみっちり学びますし、それから演奏経験を積んで学んでもいくものですし、決してお座なりになれている訳では全くないけれど、一旦アーティストとして外へ出て”勝負”する時、そこに自分のSOULを感じれるか、またそれがあるか、といったところが問われると思うんですね。
その時に、より自分の感覚で音楽を通してアイデンティティーとSOULを打ち出して、何かをクリエイトしようとする姿勢も問われる。
そうじゃないとオーディエンスも納得しない。
そう、ニューヨークに居るオーディエンスは特にSomething Newを求めてもいるものだと思います。

何故こういった事を書いてるのかというと、今週土曜日と来月9日に演奏を共にする現在来日中でNY在のJesseと話を色々していて考えるものがあったから。

私は今、日本に居るけれど、未だにニューヨーカー達とツルんだり、よく話してたりすると、頭のスイッチがアメリカ側なのか日本側なのか、訳が分からなくなる時が多々あります。
確かにややこしいけど、ま、これはこれでいいかな、と思っています(爆)。

要するに、最近思うに、色んなうんちくはサイドに置いて、ジャズ=その人、なような気がしてきました。

今後の自分が一体どうなるか、何をどう歌っているかなんて確信持てないけど、日々自分と向き合っていくしかないんだな、と思います。
って相当固いこと言ってるけど、ただ続けていくのみなんだよ、きっと。。

では土曜日のライブインフォです。

東かおるCD "Footprints in New York" レコーディングギタリストのJesse Forestの再来日を記念してのスペシャルライブ。 第1弾
*昼ジャズ
■8月22日(土) 神戸・ハンター坂 Creole
神戸市中央区山本通2-3-12 北野ハンター坂 Tel : 078 251-4332
Jesse Forest (Gt), 萬恭隆 (Bs), 東かおる(Vo)
2:00pm~ 2stage MC¥2500(予約), ¥3000(当日)
[PR]
by kaorumusic | 2009-08-20 02:01 | Live schedule

最近のライフ

私、実は引きこもり大好き人間なんですけど(爆)、最近、空いた時間を有効に使うべく、色々と出歩くようにしています。
有難いことに、生徒さん達からお誘いを受けることも多く、8月からは体力強化月間、として(1ヶ月坊主に終わらないようにしよう・・)サルサダンスを始めました。
といっても、既に5年前に本場のニューヨークで見よう見真似で踊ってはいたのです。
その時、右も左も分からない私を連れ出して教えてくれたのは、Mr.アイゼア
懐かしく思う方もいることでしょう。
彼はミュージシャン、マジシャン、のみならず、サルサダンスのコーチもしていてですね。何て多才。
当時は訳も分からず、グルグル回されっぱなしでした(笑)。
私の第2のサルサダンスのコーチは、ポルトガルから来たシンガーの友人。
NYのクラブで女二人で踊りまくっていました。ラテンの血が流れている彼女に着いていくので必死で、やっぱり訳分からなかったけど、楽しかったなぁ~。

といっても正式なレッスンを受けたわけでもなく。
先日大阪でキューバ人のコーチからレッスン受けてきて、目からウロコ。
今回でちゃ~んと色々な動きを頭で理解出来ました。
レッスンって大切だね~。
これから関西のサルサクラブに出没するやも。


それから、先日はレッスン後に知り合いの方が経営されている餃子専門店へ寄ってきました。
神戸・芦屋にある『大鳳』。
こちらは地元で有名な、上品でユニークでお手頃価格で超ウマイ餃子が食べれるお店。
見た目も本当に色とりどりで美しく、外国人にも人気なのも頷ける。
いっぱい頂いたんだけど、トマト餃子とゴーヤwithカレー皮餃子が激ウマだった。

写真は、↓紅芋ポテト餃子
b0148714_0223246.jpg

↓ イカ墨餃子
b0148714_023427.jpg

お勧めです!


それから・・・これはおまけ。
ちょっと諸用で人生初・競輪場へ行ってきました。しかも、岸和田(笑)。
おっちゃん、いっぱい!
同級生の旦那様がプロ競輪選手だと聞いたことはあるけど、苗字を忘れてしまった・・・(涙)。
競輪選手の太ももの大きさに驚きまくりでした。
瞬発力要るもんね~。

ところで、競輪場の自動販売機、普通見掛けるものと一部分違うのですよ。
水とお茶(熱・冷)は無料!!
b0148714_027547.jpg


ではみなさま、良い週末をお過ごし下さい。

-----------------------------------------------------------------
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2009-08-15 00:24 | お気に入り♪

やってもた・・・

最近も結構忙しく動き回っております。
ティーチングレッスンは現在の私のライフワーク。
毎日色んな方と音楽をシェアーし、有意義な時間を過ごさせて頂いてますが、唯一の悩みは練習時間が減ること。
声を出して練習するだけが全てではないと分かっていても焦ってしまうのが人間。
そんな時はCDでも聴いて音楽と関わっています。

今日の梅田某スクールでのグループレッスン最中での出来事。
”何か微かに電子音がするな~” と思いながらピアノ伴奏していて、何度もするもんだし気になるので途中で演奏を止めて、
「何の音ですか?何かそちらから聞こえますけど~。」
って言っても、どなたも全く気付かない、という事がありました。
気になり過ぎた私は、結局生徒さんのICレコーダーからの音だと突き止めたんですが、それでも皆さんは分からなかった様で。。
普段、音楽やってると些細な音に敏感になったりします。
NYでは大きな編成でもないバンドの演奏時で耳栓をするミュージシャンもよく知っています。ま、これは音量から耳を守るということなので話とは逸れますが。
そんな話をすると皆さんびっくりされていました。
そう、耳はとっても大切ですからね~~。

それはさておき、生徒の皆さん、私の聴音に相当ビックリされていて1人の方が、
「先生、それだったら疲れませんか?」と。
そうですね~、確かに。
一般の人が普通に聞ける音を不快に取る事もありますね。
特にNYの地下鉄。電車がホームに到着する時や走行中のレールが錆付いた音。(あそこの地下鉄は多分世界の大都市で一番キタナイんじゃないかな?)
あれは、毎回両耳を塞いでいました。ミュージシャン仲間も同じく(笑)。

だから、たま~に、自然の音しかしない所に無性に行きたくなる。

現在はレッスンで色々な方の声に、またそのニュアンスに耳を傾ける日々を送っていると、普段聴く音楽はヴォーカル物以外が多いですね。
その方が疲れない。
声は、好き嫌いもハッキリするし、圧迫感ある歌い方もする人もいるしで。

今日は仕事帰りにいつもお世話になっているCDショップに寄って、セールをしていたので、何枚か例の如く購入することに。
そしたら、久々にやってしまった。。。
持ってるCDをまた買ってしまった!!ギャー。
Wayne Shorter "Footprints live!" を。
何故かこのCDジャケ好きなんですよねー、目コワイけど。ただ手に取ってそのままレジへ行ってしまったという訳。。

以前に気付いただけで2度程ありましてねぇ~。

Michael Brecker "Tales from the Hudson" と、
Keith Jarret "The Melody at Night with You"。

みなさんはどんなCDを2度買いしちゃったんでしょーか?

さてと、今夜は今日購入したてのCDで、私の大好きなトランペット&フリューゲルのArt Farmerと、Jim Hall のアルバムで癒されようと思います~。
Have a good night★

-----------------------------------------------------------------
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2009-08-05 22:46 | Music

8月&9月前半 ライブスケジュール

ブログを更新する時は一気です!(笑)
8月後半までライブはありませんが、残暑厳しい(であろう)中、皆さまのお越しをお待ちしております!

東かおるCD "Footprints in New York" レコーディングギタリストのJesse Forestの再来日を記念してのスペシャルライブ。 第1弾
*昼ジャズ
■8月22日(土) 神戸・ハンター坂 Creole
神戸市中央区山本通2-3-12 北野ハンター坂 Tel : 078 251-4332
Jesse Forest (Gt), 萬恭隆 (Bs), 東かおる(Vo)
2:00pm~ 2stage MC¥2500(予約), ¥3000(当日)

4月以来の共演のお二人と。熱い夜になりそうな予感。
■8月29日(土) 神戸・北野坂 Basin Street

神戸市中央区中山手通1-22-13 ヒルサイドテラス3F Tel: 078-261-8939
生田さちこ(Pf), 時安吉宏(B), 東かおる(Vo)
7:30pm~ 2stage MC¥1500

東かおるCD "Footprints in New York" レコーディングギタリストのJesse Forestの再来日を記念してのスペシャルライブ。 第2弾
■9月9日(水) 大阪・堂山町 Jazz on Top ACTⅢ

大阪市北区堂山町15-17 ACTⅢ 1F  Tel: 06-6311-0147
Jesse Forest (Gt) & 東かおる(Vo)
7:30pm~ 2stage MC¥2000 

b0148714_0584271.jpgJesse Forest プロフィール

アメリカ・バーモント州出身。現在ニューヨーク在。
幼少からジャズギターとクラシックギターを学び、様々な州でも演奏する環境で育つ。
ニューヨークへと拠点を移しThe New School、City College of New Yorkのジャズ科を優秀な成績で卒業。
現在は、ジャズに限らずN.Y.の様々なジャンルのミュージシャンと演奏をし、CITYの香り漂うサウンドを聴く日々を送っている。
東かおるCDにも参加。
そのプレイが日本でも好評。
[PR]
by kaorumusic | 2009-08-02 01:03 | Live schedule

Way Out West 8月号にCD掲載

b0148714_0441140.jpg

以前もライブレポートを載せて頂いた、
関西ジャズシーンを全国に発信する、無料情報誌 Way Out West 8月号(発行人:Takao Fujioka
にて今月号にて、私のCDを紹介して頂いております!(recommended by Akira
他にも情報満載ですので、是非手に取ってご購読下さい!
-----------------------------------------------------------------
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2009-08-02 00:16 | Media

我が師匠

b0148714_22262998.jpg

先日ある方の紹介で、特に海外から日本へ観光で来られている方対象に毎日音楽を入れられているホテルへ足を運んできた。
現代音楽を奏でる琴の演奏を初めて聴いた。なかなか面白かった。

そして、2部構成であるセカンドステージのジャズセクションは・・私が19歳でジャズを教わった素晴らしいシンガー、東雲マリさん!
彼女は、初レッスンの時に、
「本気でプロになる気あるんやったら、1日でも早くニューヨーク行き!なるべく早く!」
と言われたお方。
私のジャズ人生は、その瞬間から始まったのでした。
(CD盤を外してThank youノートに彼女の名前が入っています)

帰国後、なかなか挨拶に伺えないままだったので、おまけに歌も聴けるとなって心踊る。

一声聴いて感じたこと・・
マリさん、日本人ちゃう!(関西弁で違う、ね)
さらに凄味が増していました。
一声一声にちゃんと意味を感じる。

演奏後、話を交わした時、
「ここ数年でようやく歌を唄うということが、分かってきた。」と。
いゃぁ、深いなぁ、この方にはホンマ頭上がりませんっ!

近頃は東京の素晴らしいドラマー渡辺文男さんとツアーされたり、憂歌団のシンガー木村さんとジャズの箱に限らず様々な箱やフォーマットで歌われています。あくまでも自然体。

ニューヨークのジャズボーカルの師匠シーラ・ジョーダンにも通ずるところを感じるし、ビリー・ホリデイを聴いているかの瞬間も。

日本の宝です。
[PR]
by kaorumusic | 2009-08-01 22:26 | Music