ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Jazz Improv Magazine 日本語訳

NYで6月1日にライブした直後に友人から教えてもらった、ビッグニュース。
NYで有名なジャズ情報誌 Jazz Improv Magazine 6月号に、この夏お勧めのホットなCD特集にKAORUのCDがレビュー付きで載ってるよ、との何ともタイムリーでサプライズな出来事。
未だに興奮冷めやりません。
というのも、一からコンセプト作り・セッティング・流通・勿論、歌にアレンジ。沢山の人のヘルプもあった訳ですが、基本全てを一人でやっていたCDで、アメリカでこうして私の一番打ち出したかったコンセプトを、まぁここまで明確で確実に理解してくれている事に、歌い手というのを超えてプロデューサーとしても嬉しさが込み上げて来ます。

特に、6年前、アメリカに行くまでに声だけは作って行こうと決めていたヴォイス。
日本人としてのアイデンティティー。
英語を日常語としない日本の環境で生まれ育って、どんなに努力してもやはりネイティブにはかなわない英語発音。
その為には同じ土俵で戦うのではなく、人との違いを付ける事で、アクセントをも個性にさせようと思い始めたNY時代。
また、今回のCD(もう1年前だけど)のミュージシャン選び。

全てをキャッチしてくれていて、私は未だに驚きを隠せません。
ぶっちゃけ、最後の訳を見てもらえば分かりますが、私が帰国するにあたって実は一番言いたかった事(勿論今でも)。

Thanks GOD.

それでは、めちゃくちゃ時間掛けて訳した↓のレビューをご覧下さい。
(正式に訳すのって本当に難しい。。。直訳っぽくもなっていますが。。もっといい表現があれば教えてね★)

---------------------- Jazz Improv Magazine 6月号(ページ76) 日本語訳 by Kaoru --------------

人の声というものは楽器なのだ、と知っているようで意外と知らない。
言葉を発音しようとも、スキャットやハミング、または言い表わせないような言葉や例えようのない音であろうと、人の声は素晴らしくも、ミステリアスな楽器だ。

その声は浅めのビブラートと震動によって、よく響く。
ここではビブラートが効を奏していて、たまに曲のある部分の非常にゆったりとしたテンポが気になったりもする。
が、明らかに、収録曲の中の1曲は、一般に認識されているような歌詞を歌う必要がなく歌われ、
Kaoru Azumaの歌声により「Footprints」では二重に重ねられ、時には「High Wire」「Confirmation」「Hana & A Flower is a Lovesome thing」「Turn Out the Stars」のようにシンプルで単一なメロディーで表現されている。
「Hana」に関して、歌詞は始め日本語でその後英語で歌われ、始めは従来のテンポで、後にラテン扱いによりジャズ風に歌われる。
英語歌詞がAzumaの母国語のアクセントによって施されていても、両方のバージョンは満足感を与えてくれる。
大半の曲はゆったりとしてソフトな印象があり、実に、コンセプトと演奏内容においてのバランスが見られる。
全てにおいて成されていることは、その努力の成果に値する。

特に一般的な女性ボーカリストに馴染みのあるほとんどのリスナーにとって、
Kaoru Azumaは一味違ったシンガーだ。
それだけいっそう、疑いも無く、先入観を持たず、うっとうしい比較なんか耳に入れず、
この声を聴いて欲しい。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by kaorumusic | 2009-06-28 22:20 | Media

念願のライブへ

行ってきました♪

今日は帰国後、初のオフ。
そんな日に選んだのは、私が10年来大好きなシンガー、SAKURAのライブ。
神戸ハーバーランドにあるカフェというベストロケーション。
しかも、アコースティックライブもあり、ギターとデュオ。
なんと、そのギタリストは随分前に共演したことあって(ジャズで)、音楽のフィット感が絶妙に良かった、野口亮くん。
チケット売り切れだったけと、スクイーズインしてもらった(嬉)。

SAKURAさんの歌声、さらに進化されていて、様々な人生経験や出産を機に、包み込むその深みと温かみに、全身で喜びを感じて帰宅中。
テクニックに裏付けされたその表現は本当に素晴らしく、また気持ち的に上から歌うのではないので、自然に心に入る。
英語もネイティブ並みなので聴いていて気持ちいい。
私的に日本で三本の指に入る大好きな歌い手さんです。

また野口氏のギターやオリジナルも良かった!

いい音楽はジャンルを越える。

何とも心地良い、一夜でした♪
[PR]
by kaorumusic | 2009-06-26 22:57

帰国

ただいまです。
帰国しました。
アメリカは以外と寒かった為、この日本の梅雨時を想像もせずだったので、湿気に身体が慣れるのに少し時間が掛かりそうです。
それと、バーモント州でかなりカルチャー的にディープな時間を過ごした為、まだ頭が日本にシフトせずにおります。。
近日中にフォト日記でも書いておこうと思っているので、お楽しみに♪

アメリカで有名なジャズ雑誌Jazz Improv Magazine 6月号に今年夏にお勧めのHot CD として私のCDを取り上げてもらい、何とレビューまで書いてもらったサプライズ、ニューヨークで会う友人会う友人に“I saw you!”って言ってもらって嬉しかったです♪
レビューの内容はなかりフェアに書かれていて、また私がもっとも伝えたかったコンセプトを理解してくれていて、本当に嬉しかったです。
神様っているんだな、また頑張ろうって背中を押してもらった感じだったなぁ~~。
また時間のある時に簡単な訳でも載せておきますね。

アメリカ、カナダではマスクマンを1人も見ることなく過ごしました。
私はいたって正常です。
帰国後のレッスンも再開しています。
また後ほどコメントバックしますね♪
報告でした。

写真は帰りの飛行機(成田→大阪)から見えた、Mt. Fuji
b0148714_118934.jpg

[PR]
by kaorumusic | 2009-06-21 11:08 | Life

カナダに来てます

b0148714_3261150.jpg

b0148714_3261198.jpg

¨ボンジュール¨
バーモントから車でカナダへの国境を越えて今はモントリオールへ向かう為、ケベックに入りました。
フランス語、マイルからキロメートルへと表示も変わってます。

ここに来てようやく携帯の電波が入って、日本語のメールをチェックしています。
今後もまたチェック出来なくなりますが、来週には返信出来ます。しばしお待ちを。

ではまた!
写真はケベックのカントリーサイドです。いいのが全く撮れなかった・・・。
もう一つのは、面白い形した信号機。
[PR]
by kaorumusic | 2009-06-09 03:26 | Life

I'm on Jazz Impro magazine!

Amazing!
One of the famous jazz magazines from New York, Jazz Improv Magazine has my CD's review next to Brian Blade!!

Wow...
A friend of mine just let me know the other day.
You can read and download it, even though you are not in New York.
Check this out. on page 76

Ciao,
Kaoru Azuma
[PR]
by kaorumusic | 2009-06-05 08:33 | Media

from Vermont

Thanks for the comments, everyone!
Now, I'm in Vermont State to spend relaxing time surrounded by the nature.
I just need to let you know that I cannot see any Japanese on computer or even my Japanese cell phone which doesn't have any internet connection here...
I'll give you the comment back and check the email of computer and also cell phone when I'll get back to New York or Japan.
Sorry for the inconvenience.
Talk to you later!

-------------- Roma ji ----------------------
Ima Vermont ni imasu.
Sumimasen, kokodewa nihongo nyuryoku to nihongo wo yomemasen.
Nihonno keitai mo hairimasen.
2 shukango ni New York mata Japan ni modorimsdu.
Modottekara email wo check simasune.


Kaoru Azuma from Vermont
[PR]
by kaorumusic | 2009-06-05 08:13 | Life

55 Bar ライブ終了!

みなさん、こんにちは。
ニューヨークから携帯で更新中です。
今回はコンピュータを持参していないため、日本語入力が出来るのは携帯のみ。Japanese cell phone やるね。

さて、まずこちらニューヨークに来て毎日知り合いのギグにsay Hi. しに行ったり、歌っていた教会に顔を出しに行ったり、はたまた昨日は私のボイストレーナーでクラシックシンガーの磯野久仁子さんのコンサートへと、時差ボケと闘いながら楽しくもまた馴染みの空気に触れ、安心もしております。

さて、昨ー夜の55 Barでのギグ、たくさんの人が聴きに来てくれて、なんと満席!
ものすっごく嬉しかったです。
来てくれたニューヨークのみなさん、有難う~!

初共演のJim Ridlのフェンダーローズに、Jesse Forestのエフェクトが掛かったギターでエレクトリックな、また4月に日本でもお馴染みScott Reevesのフリューゲルとアルトバルブトロンボーン、Robのベース、Paoloのドラムでファンキーかつ、エッジの効いた一夜となりました。

演奏中のあのキケンな香り漂うエネルギーは、やはりニューヨークならでは。
懐かしく感じると共に、現在私はfrom Japanなんだとも正直感じた。
日本に帰ってする課題もまた見えるし、本当に良い機会に恵まれて嬉しい限りです。

またいつか、こちらに演奏で戻って来れますように。

写真は、55 Bar ドア前にあったボード。
後半は、マイクスターン。どっひゃぁ~~。
b0148714_1784392.jpg


-----------------------------------------------------------------
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2009-06-03 17:09 | Live