ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

カテゴリ:English( 3 )

足を折る!

ってのは、ある英語の直訳です・・・。
未だ骨は折ったことはなく、10年前に自分の部屋を鼻歌歌いながら掃除機をあてていて、ベッドの角に足の指をぶつけてヒビが入ったことがあるくらいです。
(そういや、一時、松葉杖姿のギタリストN氏とのライブ後写真載せたことあったかな。)

実はその直後に、あー、今はほぼ抹消された華やかなジャズシンガーなる過去・・・
第1回神戸ジャズヴォーカルクイーンコンテストなるものに出場した時がありまして、その事故後初めて久々にヒールの靴を履いて出ていて、そぞろ歩きしてスポットのある場所まで何気なく歩いて歌ったのを覚えているな(爆)。
気付いた人は居たのだろうか。


さて、本タイトルの意味。

そう、今年に入ってFacebook デビューした訳なんですよ。
アメリカの友達に前から散々誘われていては面倒なので全く開けもせずだったのが、このままだと友達減るな、と感じて始めました。
そしたら、ぞろぞろ世界に散らばった友達と繋がって、これは面白い!と、たまに覗くと時間がエライ早く過ぎる訳です。
それはさておき、今回のツアーの事を先日載せたら、NYの友人ミュージシャンの1人で実はファーストアルバムでドラム&ヴォーカルをしてくれていて、現在もNYで活躍中のHiroyuki Matsuura氏がメッセージをくれたんです。
そこには
”Break a leg!”
と。
これ、「頑張れ!」とかという意味なんですよね。
彼の言うこの言葉、何度か見てはいるものの、今日は特にパワーを貰って嬉かったので、ジャズボーカルクラス内で生徒さんにもお裾分けしてきた所だったんですが、こちらでも皆さんに。

Matsuくん、有難う!

で、いよいよ本日24日から大阪ケリーズでライブツアースタートです!
お待ちしておりま~~~す♪
---------------------------
★東かおるライブスケジュール ぼちぼち更新中
[PR]
by kaorumusic | 2010-02-24 02:42 | English

桜スウィーツと英語の味。

b0148714_23215565.jpg



一日一つ。
女子に必要なもの=菓子。

本日、桜八橋に桜餅。

春だぁねぇ~~。
うまっ。





最近、4月のScott Reevesツアーへ向け、新曲や彼のオリジナル、また神戸と東京でご一緒するピアノの坪口昌恭さんとのコラボでする曲を準備中。
今は譜面のコピーやら整理やらでもうごちゃごちゃ・・・・。 典型的B人間です(汗)。
で、その中で、坪口さんと一緒にしようと予定中の1曲で、Joni Mitchell の曲を最近練習し出してます。
CDでは聴いた事あったけど、あんまヘビーローテーションしてなくって、今まで歌ったこともなかったんだけど、久々によく聴くと、良い!!
何に一番驚いているかって、英語にちゃんとメロディーとリズムが乗っかってる感が素晴らしいなぁ、と。あ、当たり前か。。。
勿論他のアーティストも素晴らしいんだけど、Jony M. の場合は、絶妙な言葉の置き方とピックの仕方にユニークな言葉の選択。それでリズム感が出る。
それに増して彼女独特の世界観。スバラシー。

話は変わって、今日、大阪にある某ジャズクラブのマスターとお話していました。
内容は英語に移り、、外国語特に英語が話せる人の演奏って楽器に限らず何か違うよね、と。
音が自然に流れている、と。縦に鳴らない。
こういう話、サックスを吹く方も以前言われていた。
それから、特に英語の歌を歌うシンガーに大切な”母音と子音”の話を出されて、私はびっくりしてしまった。
そう、普段私もレッスンでここに大きなウエイトを置いている部分。
嬉しいですね。
ちなみに、プチ・ライブ休みの前に、このお店で5月に最後のライブをします。
また、近々お知らせしまーす。

明後日は大阪・難波OCATでジャズフェス出演です。CD販売ブースも出ます。
晴れたらいいなぁ。 私が雨女じゃないことを願って。。
[PR]
by kaorumusic | 2009-03-27 23:21 | English

カタカナ英語じゃぁ??

ある曲を調べようと、ドイツのシンガーのウェブを見ていたら、プロフィールとかスケジュールとかのリストの最後に、
KONTAKT  と。

そのシンガーのページは全てドイツ語で(今時ヨーロッパの人で英語ページないんかいっ!笑)
これって、英語表示で”CONTACT”、コンタクトですよね!?
ドイツではCをKとしてスペルするのですか?

ドイツ語さっぱりなので、ご存知の方、教えて下さい。
ヒジョーに気になります。
[PR]
by kaorumusic | 2008-08-24 03:15 | English