ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

2017年 02月 20日 ( 2 )

私にとってライブをするということ

最近、twitter や インスタ への短い投稿ばかりで、ブログへ長文を書く事がなかったような。
今日は、なんだか文字に起こしてみようと思ったので、ちょいと。

ジャズシンガーの私にとって、
「”ライブをする”という事は、”仕事やお金”というよりも『東かおるとしての証なんです。』」ってレッスンで生徒さんとお話していた時、今日ふと口から出てきて、自分でも驚いた(笑)。

ジャズを歌い始めた20歳そこそこは、お話があったら全部引き受けてライブしてたし、歌仕事も選ばずやっていたし、今より随分ライブ本数も多くそれがステイタスだとも思っていた時代があった。
(そんな時期は、みんなにあるだろうし、必要だとも思う。)

だけど今は、尊敬する大好きなミュージシャンと『一緒に何かを創る事』、そしてそれを良いお店とリスナーのみなさんと共有出来ること、それが何よりも幸せで大切で、私にとって”ライブは仕事”って意識が殆どない(笑)。ステージ回数をこなして幸せを感じる、ってことは今はもうない。
勿論、毎回沢山お客さんに来てもらって、色々とアタタカクなったらそりゃー嬉しいですが、毎回そういう訳ではないし、そういうもんだと思うし。強制もしたくない。

私にとっての”仕事”は現在は”コーチング”にある気がする。
ま、これは、自分が25歳でアメリカへ留学する時に将来をイメージした上で描いていた図なんだけど。

だけど、これには弊害もある。
毎回のライブに別々のコンセプトがあり、曲も違う。メンバーも違う。曲も「じゃ、これやっといてね!」と渡されることも多々(ま、もっぱら自分はMなので、実はこういう方が好きだったりw)
折角1曲を創り上げ、自主練やメンバーとリハを重ねたかたと思ったら、1年に1回歌うか歌わないか、って曲も沢山レパートリーに入っている。
そう実に効率が悪い(笑)。

なので、ジャズスタンダード・レパートリーの譜面を持ち歩いて歌いに行くライブ(も勿論好きだし続けて行くけれど)とは違い、1つのライブに準備時間の掛かることといったら何やら。
アウトプットばかりでインプットする時間が特に育児中の今は殆どないのが最大の悩みではあるけれど、代わりがない自分のポジションにたまに怯えたり震えながらも、そのリスクを取ったスリルを感じています(良い意味で)。
英語でいうと、 I'm thrilled.

生きていく為ではなく、1本1本のライブで生きていたい、というのが現在の気持ちかな。


・・そうは言いつつも、今年から仕事人としてライブをスタートするやも、です。自分一人でその場に立ちます。私、今年後半で40になるんですよ。ちょっと、”生き方”のベクトルも色々変えてみようかな、と。その為に、人に教えを乞わないと、です( ノ゚Д゚) ! あれ。
[PR]
by kaorumusic | 2017-02-20 23:12 | Life

ジャズ・ヴォーカル・アンサンブル2017始動

The first lesson of TODO Jazz Vocal Ensemble 2017! We're gonna spend busy time for practicing for six months!
TODOジャズヴォーカルアンサンブル、 スタートしました!今年は中部や四国地方からも参加して下さっている男女合わせて総勢23名のヴォーカリスト達と、7月9日(日)大阪Alwaysでのお披露目ライブへ向けて共に頑張ります!応援して下さいね♪

しかし、1年掛けて選んだ譜面が届き、新しい曲にワクワクしますが、譜読みの量はいつもハンパないです。
いつもアメリカの出版社やアレンジャーから毎年購入してるけど、今年は到着が遅すぎて大変!(T_T) さぁ、半年頑張るぞ。
b0148714_22304643.jpg

b0148714_22311930.jpg

[PR]
by kaorumusic | 2017-02-20 22:33 | Lesson