ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

喉・平気

今日は甲南の方でヴォイストレーニングのトライアルレッスンがあり、1日声を出すという機会があった。レッスン中、「散々、話しするのが一番喉に負担が掛かる。」と言っていたのにもかかわらず、自分が話し過ぎて喉を痛めてしまっては、説得力も何も無いというものだ。

ヴォイストレーニングを本格的に始めた8年ほど前は、ライブで歌い終わった後、カラオケに行った後、最悪に喉のコンディションが荒れていた。
それが、月日が経つにつれ、段々楽に歌えるようになり、本当に助かったと思った(今でもだ)。

でもやはり、酒が入った時の歌、人ごみの中で友人と喋る時なんかは注意を怠ると、てき面に喉が腫れる。あ、あと、カラオケも要注意だね。
そう、人間って、そういうものなのだ。

そういう時は、無理をしない。
ホームで電車の音がうるさい時は、その電車が通り過ぎるのを待ってから話し出す。

でも、勿論色々な状況があって、声をださないといけない時もある。

今日は、私もレッスン中、皆さんにお話をする時は、ヴォイストレーニングをするかの様に(でも控えめに)喋ってみた。
実に7時間以上だったかな?
すると、レッスン終わった後も、普通。快調。
勿論、静かで声が良く響く所で、無理に声を出さなくても良かったからが大きかったけど、
”コレだっ!”と自分自身で納得して帰宅。
その途中、駅前にこんな素敵なアスファルトが!
b0148714_034760.jpg

しかし、一番言いたいのは、タバコの煙、これ勘弁してぇーーーー!!
喉にめちゃ悪い!!
ライブ会場では、禁煙にご協力をお願い致します。
[PR]
by kaorumusic | 2008-09-14 23:59 | Music
<< ウィルスの攻撃 気になる、お腹トーク >>