ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

四国ツアー終了&明日から大阪! そして、、サヨナラ。

昨晩遅くに四国ツアーから無事帰ってきました!
一日目は徳島の山奥にある、お洒落なギャラリー花杏子でのライブ。
その前に、FMの収録を現地でしました。
その模様は、
2008年8月6日(水) 11:00am-12:00pm
FM眉山791 B-Step Talking

番組パーソナリティーの曽谷さんとの1時間にわたるトークが、徳島県内のみでお聞き頂けます。
CDの収録曲からや、ツアーメンバーのSeikai Ishizuka とAllan Mednardもニューヨークの音楽シーンについてを話しています。
また、この日の共演メンバーだった、香川のジャズシンガー三木智子さんや、徳島のベーシスト神崎薫さんもお話して頂いておりますので、県内の方は是非お聞き下さい!!

収録後はライブ。
竹やぶがライトアップされている、何とも幻想的な雰囲気の中で、ディナーと共にジャズを聴いて頂きました。
写真ブレブレで、いいのがないのですが、、、。トリオ演奏の模様。@花杏子 7/26/2008
b0148714_08313.jpg


次の日はうどんツアー!!
NYで知り合って以来、友人としてまたシンガー仲間として仲良くさせてもらっております、三木智子さんに、連れて行ってもらいました。
まず、今年の1発目は、高松にある、山田屋
b0148714_011266.jpg

日本家屋に日本庭園のある風情のある、うどんスポット。
うどんは、とてもコシがあり、胃にドシッっと来る感じの存在感のあるUDONでした。美味しかった~~!

その後は今年で3度目の出演、高松にある有名なジャズクラブ・Speak Lowでのライブ。
今年もお客様いっぱいで、本当に嬉しかったです!!
去年もお越し頂いた方々や、わざわざ山口県や岡山県からも知り合いのミュージシャンが駆けつけて下さったりで、本当に有難や~~。
毎年、三木智子さんとはデュオする曲を事前に打ち合わせして一発本番で合わせるのですが、これがまたスリル満点で面白い!
今度はどんなのしようかね~って楽しく考えながら毎年させてもらっています。
Seikai氏のピアノも 、Allanのドラムも冴え渡り、モダンな風が吹いておりました。

また、演奏後、ホントにビックリしたのが、たまたまお客さんで来られていたニューヨーク出身のアメリカ人の方が、私やSeikai氏、Allan、山口県からお越し頂きシットインもして頂いたシンガーのRisaちゃんと同じニューヨーク市立大学City College校出身者だったことが発覚!
私のCDを購入後ライナーノーツを見て頂いて気付いたそうで、もう興奮しまくり!!
同じキャンパスを共有した者同士で記念写真も撮っちゃいましたよ(笑)。
いやぁ~~、It's such a small world!!

両日共、徳島のベーシストさんとご一緒でした。
1日目の神埼薫さん。
2日目のまっきーさん。
ご両人とも素晴らしいベーシストさんです。是非今後も共演させてもらいたいです。

そしてそして、お越し頂いた皆様、今年もどうも有難うございました!!!
また来年もお目に掛かれるのを心待ちにしております!!!



最終日は、うどんツアー2日目!!イエイ!
まずは、高松から車で1時間ほどだったでしょうか香の香
そして、そこから高松に帰る途中にあった、一福
両方とも汁が美味しかったですねー。
一福は、あっさり具合が何とも絶妙で美味しかったです!!

お腹も膨れ、大阪へ帰る為、バスに乗ること実に5時間!(普通は3時間程度)
事故の為と、天候悪化の為。
電車乗っては落雷でダイア乱れるわで、大変な一日でしたね。
何て人間って自然に比べて(比べるもんじゃないけど)ちっぽけなんだろう、って思っちゃいますよね。

さて、大阪に戻り、今日はある方にサヨナラを言いに行ってきました。
12年ほど前、その方が大ブレイクする前ですが、大阪の西天満にあるギャラリーカフェでライブをされているのを、ジャズを全く知らなかった私でしたが、友人に誘われてジャズライブを聴きに行きました。
その方の歌声に、スタイルに、ノックアウト!されまして、当時アイドルみたくJ-Popを歌っていた私は(爆ジャズに転向ーーー!!
と宣言したものです。
今ある私の音楽の私の方向性を変えてしまうほど、それほど、素晴らしかったのです、彼女の唄が。

癌の治療中、病院のベッドで復帰を待ち望み、新曲を覚えられていたそうです。
          一体、どんな素敵なレパートリーを加えられていたことでしょう。。。
          一体、どんな深い表現で練習されていたことでしょう。。。
彼女のお父様はご住職で、今日は娘さんの為に唱えられていました。。。
気丈なお父様で、もうこんなことは2度としたくない、と仰っていました。
また、シンガーの方へ、検診&体調管理をしっかりとなさるように、とマイクを通して仰っていました。

残された録音も勿論ありますが、人間、死んだら、終わりです。
これから、もっともっと歌声を聴かせて頂きたかった、本物な方なだけに、無念で仕方ありません。
越智順子さん、空の上でもずっと歌声を轟かせていることでしょう。
ご冥福をお祈りします。
[PR]
by kaorumusic | 2008-07-29 23:59 | Live
<< 大阪ツアー初日!@Mr. Ke... 京都から徳島&香川へ >>