ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

6/14 TRAVELS

b0148714_10354787.jpg
【from Travels released in 2013】 
~ ロングセラー中の2013年にリリースしたCD"Travels"の世界をたっぷりと。新旧織り交ぜてオリジナル中心の演奏です。~

■6.14 Tue. CANDY (Kyoto) 京都・祇園  
Hitomi Nishiyama 西山瞳(Pf) & Kaoru Azuma 東かおる (Vo)
8:00pm~ 2 sets Music Charge ¥2000 ※要予約


---------------------------------------------------

“Kaoru’s technique has restrained passion, yearning and sweetness, and the works are reminiscent of Keith Jarrett or Kenny Werner.”
-Scott Reeves-
A trombonist, alto flugelhornist, composer, arranger, author, and college jazz educator (The City College of New York, CUNY, and The Juilliard School of Music)

【Jazz Japan vol.42(2014年2月発売)レビュー】
2003~2008年のNY生活で歌唱力と英語力を磨き、現地でCD制作の実績を持つ東と、渡米前からの共演関係にある西山の共同名義作。10をのぞくすべての楽曲を西山が提供し、東が1~4を作詞。お互いの音楽性と美点を深く理解し合っているからこそ生まれる、ピアノを中心としたサウンドと声のアンサンブルは、邦人作では類例のない個性的な世界を表現。声域の広さと透明感が印象的なスキャット曲も、東の実力を証明する。

“This music reminds me Maria Schneider, Luciana Souza’s works and fits Kaoru’s voice very well. “Baroque” brought me an excitement of JAZZ through taking a risk for the improvisation which has half steps and modulation changes. Even though Hitomi brings the irregular meter composition “On Travel”, it’s very natural and comfortable feel.”
-Nabuko Kiryu-
A jazz singer

【Jazz Life1月号(2013年12月14日発売)レビュー】
透明感あふれるヴォイスで西山の名旋律を歌い上げる注目作
関西を中心に活躍するシンガー東かおるとピアニスト西山瞳の共同名義の最新作。西山瞳の全面プロデュースのもと、西山のオリジナルに東が歌詞をつけて歌うという内容で、従来のスタンダード・メインに歌うジャズ・ヴォーカルとは一線を画すスタイル。東の透明感あふれる伸びやかな”ヴォイス”が器楽的に絡み、時にダークに、時にミステリアスに空間を駆け巡る。
音域の広さと確かな技巧に裏打ちされた歌唱であるが、それをナチュラルに聴かせるところが実に魅力的だ。陰影感溢れるソロで楽曲に絶妙な彩り添える市野と橋爪のプレイも聴き所。スタンダート⑩(Moon River)をも完全に自分の世界観で表現しており、心地よい余韻で幕を閉じる。

“Beautiful! Great arrangements and beautiful singing! Very high quality, both in singing and arrangements and playing.”
-Cathy Segal-Garcia-
A jazz singer and educator


【Buy CD】
Amazon
Tower Records
iTunes
[PR]
by kaorumusic | 2016-06-08 10:29 | Live schedule
<< Jazz Vocal Ense... みつあみ >>