ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

4/25 Cathy Segal Garcia Vocal Workshop

4月25日、アメリカLAで活躍中の素晴らしいシンガー、キャッシー・シーガル・ガルシアさんが大阪でワークショップを行われます。まだ少し空きがあるそうですので、是非この機会にご受講下さい。
この日レッスンでworkすることを丁寧に書いて下さりました。私はこの日、通訳として同行させてもらいますが、こちらの翻訳もさせて頂きました。仕事を挟んで一日で翻訳頑張ったので、是非、ご覧下さい。↓


ジャズを勉強中のシンガーのみなさん、こんにちはキャッシーです! 学びにおいてテクニック、ロジカルな行動、そして哲学的な事にも対応出来ることを習得することは、とても素晴らしいことです! 一人一人が全く違うように、それぞれが準備することも直面していることも違います。なので、客観的に的確なアドバイスをする事の出来る、経験豊富な良き指導者が必要です。 私は長年、プロの教育者としてもジャズに携わっており、初心者から上級者まで、一人一人の状況に添ったアドバイスを、より分かりやすくお伝え致します。

レッスンでお伝えすることは、

1) ヴォイステクニック:楽器としての”voice”がどの様に機能するかを説明すると同時に、正しい声を導くべく簡単なスケールエクササイズやその方法をお伝えします。貴方の声の弱点や問題点を知ることに繋がります。

2) 英語発音、歌詞読解

3) フレーズ:1度ちゃんと歌詞を理解して歌っていれば、文章を歌うことは難しくはありません。しかし、これがジャズシンガーにとって全てではなく、リズムを感じて歌うこと、演奏されている各音が各コードにどの様に関係しているかを知ること、これこそがジャズシンギングの命です。(フレイジングで深く掘り下げるべき点は、”グルーブ”と”フェイク”の二点です)

4) グルーヴ感:ジャズシンギングにおいて非常に重要で見落としがちになるポイントの1つにスウィング、バラード、ボサノバ等のスタイルに関係なく、曲の“グルーブ”を感じるということです。時計は止まることがない様に、シンガーは曲の“タイム”と親密になっておかねばなりません。簡単なエクササイズで一緒に楽しみつつ、チャレンジしましょう!

5) フェイク:自身でメロディーをフェイクをされる前に、知っておくべき基本的なことをお伝えします。とてもエキサイティングでやり甲斐のある事になるでしょう。そして貴方自身が出てくることでしょう!

6) スキャット:貴方でもスキャットは出来ます!勿論、練習することは大切ですが、基本のスキャットについて知ってさえいれば、どうやって練習したら良いかを知ることに繋がります。

7) 選曲やレパートリー

8) 譜面:貴方の譜面からミュージシャンが必要とすることは?譜面のあり方。自分の譜面を作成することについて。

9) ミュージシャンとの関係:ミュージシャンに何を伝えたらよいのか?どう接したらよいのか?彼らが貴方に求めるものは?

10) 音楽理論:どの程度の音楽理論を知っておけばよいのか?

11) カウントやフィールの伝え方:テンポやフィールを含めた、カウントの出し方。

12) 哲学的考え:私達はどんな事でも出来うると信じている、私はポジティブな人間です。その為には一生懸命にならなければいけませんが、そのプロセスもエンジョイすべきです!私は、ジャズ、ヴォーカルテクニック、そして人生に関連性があるとみています。私は歌うこと、アート、ジャズをとても愛しています。みんなそれぞれの行くべき道があると感じています。それがどんな道であろうが、正しいと思います。
歌のレベルに関係なく、ジャズをさらに上手に歌いたいという方を、私は喜んで良い方向に導きたいと思っています。
b0148714_24531.jpg


Hello students of jazz singing! There are so many wonderful things to learn and become great at, some of it is technical, some is logical actions, and some is philosophical!
We are all different people, with different abilities, different desires, and different problems. What you as an individual are ready to confront and learn is so very important…and that is why a great teacher will know many things, and narrow down the information to what YOU need! There are different levels of depth of the information. Yes, I am a Professional of many years, very deeply into jazz…but I am also very good at breaking down the information to simple sections, so that beginners through advanced singers can get the information they need to move ahead!
What will I teach you?
1) Voice technique: I will explain to you how the instrument “the voice” works. I will give you simple scales and tools that you can practice with…so that you can build your voice in the
correct way, and you can check for YOUR precise problems and know how to fix them.
2) Language: Let’s make sure you understand all the words you are singing, and make your pronunciation great!
3) Phrasing: Once you understand the lyrics you are singing, the way you sing the sentences becomes easier to do! But that’s not all that phrasing is for a jazz singer! Playing with rhythm and loving how each note relates to each chord that is being played, is really where great jazz singing lives! (Phrasing MUST get into the next two points... “groove” and “changing the melody notes”)
4) Groove: One of the most overlooked, and incredibly important points about jazz singing, is feeling the “groove” of every song, no matter which style you are singing! (swing, ballad, bossa, etc) You absolutely MUST be relating to the “time” of the song, like a clock that never stops ticking! We’ll do some fun exercises that are simple, but can be challenging!
5) Changing the melody notes: I will teach you the basic things that you need to know before you adventure into changing melody. It’s very exciting and rewarding to be successful at this! This is where your true individual personality comes out!
6) Scat: Guess what! All of us can scat, even YOU! Of course, we all must practice to get better at anything. But if you understand the basic information of what scatting is, and how to do it…you can know what to practice! I guarantee you will leave the lesson scatting!
7) Songs: Do you know how to pick the songs to sing? Do you know your keys that you sing in, and how to decide that? How big should your repertoire be? Do you need charts (lead sheets)?
8) Charts: What do the musicians need from you on paper? What should the charts look like? Would you like to learn how to make your own?
9) Musicians: What to say to musicians? How to act around them? What do they want from you?
10) Music Theory: How much music theory do you need to know?
11) Count offs: How do you count off the songs (give the time and feel)? Each style and tempo is different, right?
12) Philosophy: I am a positive person. I believe we are capable of almost anything! We have to want it, and work hard for it. But we must enjoy the journey too! I see many correlations between jazz, vocal technique, and life. Personally, I love dedication and commitment to singing, and art, and jazz! I feel that everyone has their own path, and wherever they are on that path is absolutely fine and right! If you want to get better at jazz singing, no matter what your level is, I will be so very happy to help lead you in the good direction!


---------------------------
★東かおるライブスケジュール
★東かおるFacebook
♪CD「TRAVELS」 試聴
♪CD「Star In Green」 試聴
♪CD「Footprints In New York」 試聴
--- 次回お勧めライブ ---
b0148714_2591520.jpg

[PR]
by kaorumusic | 2014-04-22 02:46 | Lesson
<< アラン NOUVEAU >>