ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

ミナミジャズウォーク終了!

始まりと終わりかけは雨、でしたが見事パフォーマンス前に晴れ間も差してきた10月28日(日)。
大阪でMinami Jazz Walkが行われました。
沢山の方がご来場されました。

私がアメリカから帰国して4年。その間、これがしたくってウズウズ。
アメリカではジャズ科のある高校・大学でさかんに行われているクラスの1つ、Jazz Vocal Ensembleといわれ、ジャズ特有のより複雑なコードとリズムでハーモニーアレンジが施されたジャズヴォーカルの世界。
Big BandのVoice版とでもいいましょうか、私自身がNYの大学に在学中に受けていたクラス。
それを今回、企画運営して頂いた、Minami Jazz Walk実行委員の野々村明さんにお話頂き、実現することが出来て、本当に嬉しかったです。有難うござました。

さて、当日2回ステージ、素晴らしかったです!感無量!!!
たった7回の練習で課題の3曲をあの完成度まで持っていけたのは、18名の素晴らしいシンガーの方々の毎日の汗のにじむ練習の成果の賜物です!関西圏だけでなく、東京から、広島からと遠くからも毎週リハーサルに通って頂きました。
みなさん、本当にご苦労様でした!素晴らしいアンサンブルでした!!!
b0148714_955657.jpg
b0148714_962785.jpg

私は後ろ姿で指揮をしていたのでお客様の反応は直接見れませんでしたが、自然と湧き上がってきた手拍子に、嬉しさ反面、落ち着いて指揮しないと!と精一杯務めておりました。
初めて耳に目にされるであろうこの音楽を楽しんで頂けたことだと思います。

ジャズヴォーカルというと、バンドをバックにソロで歌う。
というイメージが普通だと思いますが、こういった形で”個を殺して歌う”という作業、実はものすごくジャズ力、アンサンブル力が問われるものだと思います。
メンバーの方々の今後がさらに楽しみです♪

さて、私にとっては産後の大仕事を終え、次の日は抜け殻と化し、人生初の指揮による腕の筋肉痛に驚いておりました(笑)。
よく指揮者が、「リハーサルに入る前には9割の仕事は終わっている」と言われますが、本当にその通りで、8月中旬にオーディション、9月からリハーサル開始という強行スケジュール、8月中旬までに3曲の譜面はほぼ頭にインプットしなくちゃ、で産後間もなく譜面とにらめっこしていました。
娘の授乳時にも目の前の椅子に譜面を置いていたこともしばしば。
サンプル音源は常に掛けていたので、娘もきっと覚えてしまったんじゃなかろうか?と思ったほどです(笑)。
本当に大変だったけど今となってはそれも愛おしい思い出。

終わってから「指揮がすごく分かりやすかった」、と声をみなさんに掛けて頂き、報われた思いでいっぱいです。
というのも、初指揮。
大学で指揮は簡単に習ったことはありましたが、自己流。
リハーサルで弱い所をしっかりと指揮者である私がカバーして、イメージする声を本番で出してもらう為に、ビジュアルイメージである指揮は欠かせないもの。
その重要性を知っているからこそ、ものすごい責任感を感じていたので、その言葉でどれだけ安堵したことか。

抜け殻になった次の日は、私がNYに居た頃に参加していたヴォーカルグループのリーダー達の顔が頭に浮かんできました。
フィンランド出身でアカペラグループLa Sirenasを率いていたRikka、現在ロンドンで暮らすNanamiちゃん率いるAedea、毎週日曜日ハーレムの教会でクワイヤーを率いていた私の心の恩師である故Prof. John Motely、同じく大学のJanet Steel教授、当時Jazz Vocal Ensembleクラスを率いていたジャズシンガーのSuzanne Pittson教授達。
思い返せばNYにいた5年間の殆どはグループアンサンブルでも歌っていた自分がいました。
今回の私の指揮は、この全てが土台となって、自然と自己流とミックスされたものだったんだ、と気付かせてもらいました。
経験は裏切らない。

撮って頂いた動画をみなさんとシェアできれば、と思っていますので、後々お知らせ致します。


そして、この後、完全燃焼した直後に残すは2つのステージ(うーん、超ハード!)。
b0148714_9325265.jpg
b0148714_933765.jpg
ノルウェーを代表するギタリストHakon Storm氏と、Jesse Forestの素晴らしいギターデュオへゲストで各ステージ2曲歌いました。
2人は前夜にライブをして温まっているところへ、この日私はサウンドチェックのみでリハ無し、でいきなり参加。
始めのバーシーガルでは少し探りながらになってしまいましたが、2回目の会場では音楽に深く入って歌えることが出来て、国境を越えて音楽で繋がることができて、嬉しく思いました。
終わってから数名の人から曲名を聞かれたので書いておきます。私が歌った曲は、
[The Peacocks, East of The Sun/ Falling Grace(歌詞は私), Autumn Leaves ]

去年ヴォーカルコンペティションで行ったリトアニアでノルウェー代表で来ていたシンガーIngridがHakon氏が教鞭と取っているオスロ大学の元生徒で、
「Ingrid覚えている?」とそんな話をしていたら彼の顔が一気に和らいでいったのを思い出します。
これから東京ツアーもあるようですので、是非関東の方はチェックして下さいね!


そんなこんなでこの日の打ち上げも楽しく、女子の弾丸トーク炸裂。
私は1年以上飲めなかったアルコール解禁日となり、久々ビールの美味かったことといったら!(笑)

関係者の皆様、足を運んで下さったお客様、そしてメンバーの皆さん、お疲れ様でした!

(写真は、みなさんのをコピペさせて頂きました)

---------------------------
★東かおるFacebook
★【Star In Green】CD発売記念プロモーション動画
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2012-10-31 09:47 | Live
<< 最新ライブスケジュール もうすぐ5カ月 >>