ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

昨日のライブ

にお越し頂いたみなさん、どうも有難うございました!
日本橋に移ったB-Roxyで、ピアノのフィリップ。ストレンジ(昨日来られた方のみぞ。の理由を知る)氏とも初共演。
お客様との新たな出会いも重なり、私的にフレッシュな夜でした。
そういや日本でもライブも3月末以来だったしで。

フィリップ氏の極上ハーモニー、コード感、リズムセンス、また音楽的な好みも合い(彼の足元にも及びませんが。。)非常に音楽的にも充実したライブでした。
逆に久しぶりにジャズヴォーカルスタンダードを歌ったりして、即興で作り上げる楽しみも作ったりで、やっぱり本番で感じる事の多さって計り知れないな、と思います。
どれだけ練習していても、本番にオープンマインドでないとキャッチボールも上手く噛み合わない。
練習は、その本番にどれだけニュートラルになれるか、それには自身と確信、あとはデーンと構えた精神。でもそれにも自身がないといけないのだろうし。。。
その為の練習だと、最近、つくづく思うわけで、日々試行錯誤です。

ま、そんな話はさておき、昨日はバースデーのお客さんMさんのリクエストもあり、とっておきの曲を演奏しました。6月に関西で、7月に関東で共演予定の西山瞳ちゃん(Pf)の曲に私が詞を付けたもの。
フィリップ氏のピアノでまた一味違った曲になりました。
あとは、NY在の2人のミュージシャンのオリジナルも大阪で演奏してみて、世界はまた繋がった、みたいな(笑)。
音楽のなせる業。

何はともあれ、この日のライブの収穫は、フィリップ氏は日本語ペラペラなんだけど、私は自然と英語で彼としゃべっていたので、休憩に英語で話して、曲に入ると英語詞で歌って、そこでもネイティブ故の呼吸でピアノを弾かれている感じがあり、よりジャズのスタンダードを歌ったときのキャッチボールがスムーズ、というか腑に落ちる、というか。
アメリカの有名ピアニストの逸話でこういうのがあります。
「今日はこの曲を弾けない。歌詞を忘れたから。」
誰だったか忘れましたが、ジャズヒストリーの授業で習いました。あ、忘れたら意味ないって・・・!?。
上手くいえないけれど、言葉は大切だな、と思った一日でした。

あ、また大阪でもライブしますねー。

今からホットヨガへ行って来ま~す。デトックスー。

写真はライブ後
Photo by Mr. M
b0148714_15391127.jpg


---------------------------
★東かおるライブスケジュール
[PR]
by kaorumusic | 2010-05-16 15:40 | Live
<< うふふ、な写真 5月のライブ*追加あり >>