ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

我が師匠

b0148714_22262998.jpg

先日ある方の紹介で、特に海外から日本へ観光で来られている方対象に毎日音楽を入れられているホテルへ足を運んできた。
現代音楽を奏でる琴の演奏を初めて聴いた。なかなか面白かった。

そして、2部構成であるセカンドステージのジャズセクションは・・私が19歳でジャズを教わった素晴らしいシンガー、東雲マリさん!
彼女は、初レッスンの時に、
「本気でプロになる気あるんやったら、1日でも早くニューヨーク行き!なるべく早く!」
と言われたお方。
私のジャズ人生は、その瞬間から始まったのでした。
(CD盤を外してThank youノートに彼女の名前が入っています)

帰国後、なかなか挨拶に伺えないままだったので、おまけに歌も聴けるとなって心踊る。

一声聴いて感じたこと・・
マリさん、日本人ちゃう!(関西弁で違う、ね)
さらに凄味が増していました。
一声一声にちゃんと意味を感じる。

演奏後、話を交わした時、
「ここ数年でようやく歌を唄うということが、分かってきた。」と。
いゃぁ、深いなぁ、この方にはホンマ頭上がりませんっ!

近頃は東京の素晴らしいドラマー渡辺文男さんとツアーされたり、憂歌団のシンガー木村さんとジャズの箱に限らず様々な箱やフォーマットで歌われています。あくまでも自然体。

ニューヨークのジャズボーカルの師匠シーラ・ジョーダンにも通ずるところを感じるし、ビリー・ホリデイを聴いているかの瞬間も。

日本の宝です。
[PR]
by kaorumusic | 2009-08-01 22:26 | Music
<< Way Out West 8月... All About Jazz誌... >>