ブログトップ

東かおる*Kaoru Azuma* Blog

kaoruazuma.exblog.jp

桜スウィーツと英語の味。

b0148714_23215565.jpg



一日一つ。
女子に必要なもの=菓子。

本日、桜八橋に桜餅。

春だぁねぇ~~。
うまっ。





最近、4月のScott Reevesツアーへ向け、新曲や彼のオリジナル、また神戸と東京でご一緒するピアノの坪口昌恭さんとのコラボでする曲を準備中。
今は譜面のコピーやら整理やらでもうごちゃごちゃ・・・・。 典型的B人間です(汗)。
で、その中で、坪口さんと一緒にしようと予定中の1曲で、Joni Mitchell の曲を最近練習し出してます。
CDでは聴いた事あったけど、あんまヘビーローテーションしてなくって、今まで歌ったこともなかったんだけど、久々によく聴くと、良い!!
何に一番驚いているかって、英語にちゃんとメロディーとリズムが乗っかってる感が素晴らしいなぁ、と。あ、当たり前か。。。
勿論他のアーティストも素晴らしいんだけど、Jony M. の場合は、絶妙な言葉の置き方とピックの仕方にユニークな言葉の選択。それでリズム感が出る。
それに増して彼女独特の世界観。スバラシー。

話は変わって、今日、大阪にある某ジャズクラブのマスターとお話していました。
内容は英語に移り、、外国語特に英語が話せる人の演奏って楽器に限らず何か違うよね、と。
音が自然に流れている、と。縦に鳴らない。
こういう話、サックスを吹く方も以前言われていた。
それから、特に英語の歌を歌うシンガーに大切な”母音と子音”の話を出されて、私はびっくりしてしまった。
そう、普段私もレッスンでここに大きなウエイトを置いている部分。
嬉しいですね。
ちなみに、プチ・ライブ休みの前に、このお店で5月に最後のライブをします。
また、近々お知らせしまーす。

明後日は大阪・難波OCATでジャズフェス出演です。CD販売ブースも出ます。
晴れたらいいなぁ。 私が雨女じゃないことを願って。。
[PR]
by kaorumusic | 2009-03-27 23:21 | English
<< 寒さの中のジャズフェス 繋がる繋がる >>